100年に1度の日に何が起こった?

先週の金曜日は「2011年11月11日」。1が6つも並ぶ日ということで、世界中でさまざまなイベントが行われていました。

そもそも 11月11日とは日本で2番目に記念日が多い日なのだそうです。記念日を認定する日本記念日協会によると、現在、11月11日は 22件もの記念日が制定されているとのこと。

煙突の日、電池の日、めんの日、ポッキー&プリッツの日など、1が4つ並ぶ姿から連想されるものから、磁気の日のように 11 を漢字で書くとプラスとマイナスが並んでいるようになるから、などというものまでさまざまな記念日があるのです。

このようにただでさえ、特徴的な日だと考えられている 11月11日ですが、今年は 2011年ということもあり、さらに盛り上がりは加熱。2011年11月11日11時11分11秒という1が 12 並ぶタイミングで何かをしようという人も多かったようです。中にはその時間に商品を買ってレシートを記念に取っておいたという人もいました。

日本だけでなく世界中で婚姻届を出す人や、結婚式を挙げる人が現れ、なんと韓国では出産日をこの日に合わせるために帝王切開の予約が殺到したなど、珍しい日を記念日にしようとするのは世界共通のようです。

出産といえば、アメリカのニュージャージー州では 2011年11月11日11時11分に生まれた赤ちゃんのことが、AP 通信によってニュースになっています。この日に生まれた子どもは世界中にいるでしょうが、時間までがぴったり 11時11分というのは、なかなかレアなケースなのかもしれません。

ちなみに、アメリカでは 11月11日は「退役軍人の日」なのだそうですが、この 10個の1がそろったタイミングで生まれた赤ちゃんは、お母さんが元軍人、お父さんが現役の軍人ということで、まさにこの日に生まれるにふさわしい! と話題になったようです。

一方、エジプトではクフ王のピラミッドが閉鎖されることになりました。これは 2011年11月11日に世界各国から人々が集まり、クフ王のピラミッドで何らかの儀式が行われるという噂が、Facebook を始めとしたネット上で広まったためのようです。

ピラミッドが閉鎖されたこともあり、このような儀式は行われなかったようですが、1が複数並ぶこのタイミングで何か不思議なことが起こるのではないか? と考える人がいるのももっともな話です。実際、日本ではかなり不思議な現象が記録されました。

11月11日は、雨の影響もあり日本中が冷え込みましたが、なんと横浜市で 2011年11月11日11時11分に 11.1℃を記録したのだそうです。まさに神のイタズラともいえるこの現象ですが、前日の同時刻が 14.7℃だったということですので、たった1日で3度以上も温度が下がったことになります。

多くの人々を夢中にさせ、不思議な現象さえ巻き起こった 100年に1度の 11月11日。今度似たようなことがおこるのは、2022年2月22日となりますが、その時はどんなことが起こるのでしょうか?