誰でも出来るパワースポットの見つけ方

「イヤシロチ」「ケガレチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? この言葉を使った商品などはかなり販売されているので、言葉だけなら聞いたことがあるという方も多いかも知れません。しかし、それが実際にどのようなものかというのを知っている人は少ないように思えます。

イヤシロチとケガレチという概念を考えたのは、昭和初期に活躍した物理学者「楢崎 皐月(ならさき さつき もしくは こうげつ)」という人でした。彼は日本電子工業・電気学校で学んだ後、絶縁油や人造石油などの研究に携わり、戦時中は軍の要請を受けて、中国で製鉄所の建設地決定を任されるようになりました。

この、各地に製鉄所を作るという仕事をしていくうちに、場所によって材料も技術も全く同じ条件であるにも関わらず、鉄のできあがりに明らかに差があることに気が付いたのです。いくら調べても、機材などに問題が無いことから、この差は土地に原因があるのではないかと考えた楢崎は、帰国後、日本全国の土地を電気的に測定することにしました。

土壌の化学成分などを測定するのではなく、電気的な測定が選ばれたのは彼が電気工学者だったからだと言われています。測定方法は土地の電流を測るというもので、現在でいうと地磁場を計測したということになるようです。

楢崎は全国1万箇所以上を調査して、土地を「優勢生育地帯」「劣性生育地帯」「普通生育地帯」の3つに分類しました。単に電流を測っただけでなく、それぞれの場所でどのような活動、生活が行われているかも併せて計測したところ、面白い事がわかったのです。

それは、優勢生育地帯に位置する家に住む人は健康的で病人も少なく、動物が飼育されているところでは発育が良く、健康的だったのに対して、劣性生育地帯ではその反対の状況、つまり、人は病気がちで、動物は発育が悪いという現象が観測されたのです。

ちなみに1万箇所以上を測定した結果、優勢生育地帯は 15%、劣性生育地帯は 30%、普通生育地帯は 55%ということでしたので、だいたいの土地は普通生育地帯であるということがわかります。

楢崎はこの優勢生育地帯に「イヤシロチ」、劣性生育地帯に「ケガレチ」という名称をつけました。これは名前だけ見ると「イヤシロチ=癒してくれる土地」「ケガレチ=汚れている土地」という感じがしますが、実際にはイヤシロチの語源は「弥盛地=生命力が盛んになる土地」、ケガレチの語源は「気枯地=気が枯れてしまった土地」というものです。

なんと、楢崎が調査した範囲では神社はすべてイヤシロチに建っており、交通事故の多発するような、いわゆる「魔の場所」はすべてケガレチだったと言われています。

まさに現在で言うところのパワースポットを発見するための手法なのですが、正確に測定するためには地電流を測らなくてはいけないので、素人では手を出すのは難しいのが事実です。しかしながら、簡易的にイヤシロチとケガレチを見つける方法も存在しています。

楢崎が土地の測定をして全国をまわっているときに、カタカムナ文書という古文書に出会います。そこには独特の文字が書かれており、楢崎はそれを解読することによって、この古文書が古代の自然科学の実用書であることを突き止めたとされています。イヤシロチやケガレチといった言葉もこのカタカムナ文書から取ったのだそうです。簡単にイヤシロチを見つける方法も、この文書が元にされていると思われます。それでは、さっそくどんな風に見つけるのかを紹介しましょう。

・ まず最初にイヤシロチを探したい場所の地図を用意しましょう。
・ 次に「タカミ」と呼ばれる点と「ヒクミ」と呼ばれる点を探します。これは「タカミ=山のような高さのある地形」と「ヒクミ=谷のようなくぼんだ地形」となります。
・ 次にタカミとタカミ、ヒクミとヒクミをそれぞれ線で結んでいきます。地図に実際に線を引いていくと分かりやすいでしょう。タカミを結んだ線と、ヒクミを結んだ線を別の色にするとさらにわかりやすくなると思います。
・地図上には、二色に分けられた多くの線が引かれたと思いますが、チェックするのは、それぞれの線の交点です。タカミとタカミの線が交差したところにあるのが「イヤシロチ」。ヒクミとヒクミの線が交差したところにあるのが「ケガレチ」。となるのです。

この方法は、地図とペンさえあれば簡単にできるパワースポットの見つけ方ですが、都市部では山や谷などはほとんど無くなってしまっているので、線を引くのが難しいかもしれません。しかしながら、実践してみることで、近くにある小さい神社などが思わぬパワースポットであることがわかるかもしれませんので、お時間がある方はぜひ試してみて下さい。

楢崎はケガレチをイヤシロチにするための方法も考案しているのですが、それについては、またの機会に、カタカムナ文書の内容と併せて紹介したいと思います。