幽霊の日

明後日7月26日は「幽霊の日」。色々な記念日がありますが、幽霊の日というのはなかなか珍しいように思います。

なぜ7月26日が「幽霊の日」になったのかというと、1825年7月26日に東海道四谷怪談が江戸中村座で初公演されたことに由来しているのだそうです。

四谷怪談は日本の代表的な怪談の一つ。簡単に内容を説明すると、夫に惨殺された妻が幽霊となって復讐を果たすというもの。この妻の名前が「岩」。毒薬によって顔の半分が腫れ上がった姿が有名な、通称「お岩さん」です。

この話は実話に基づいていると言われており、実際に東京の四谷には「お岩稲荷」という神社が現在も存在しています。

四谷怪談は前述の歌舞伎を筆頭に、落語、映画、テレビドラマ、アニメ、小説などさまざまな分野で現在に至るまで演じられ、表現されていますが、映画や演劇などで四谷怪談を行う場合は、必ずお岩稲荷に参拝に行くと言われています。そうしないと四谷怪談を演じることで怪我人が出たりするのだそうです。

さて、みなさんは「霊」というと、どんなイメージを持つでしょうか? 様々なイメージがあるかと思いますが、一方「幽霊」といった場合、大半の日本人は「白い着物を着た足のない女性が柳の下に立っている」という情景を思い浮かべるのではないでしょうか?

このように幽霊というと足が無いというイメージがありますが、筆者が出会った「霊が見える人」に聞くと、大抵の霊にはしっかり足があると言います。逆に足だけの霊を見たというケースもちらほら聞くほどです。

では一体なぜ「幽霊には足が無い」というイメージが広まったのでしょうか? 一説によると円山応挙が描いた幽霊図がその先駆けだと言われています。しかし、よくよく調べてみると、それよりも前から足の無い幽霊というのは描かれているようです。ただ、古い時代に描かれた幽霊画は芸術的なものではなく、本の挿絵的なものであるため、有名な円山応挙の幽霊画が先駆けだとされたのでしょう。

しかし、円山応挙が描いた幽霊はそもそも足がないわけではなく、反魂香(はんごんこう)という死者を蘇らせるお香の煙によって、蘇った死者の下半身が煙によって見えないだけという説もあります。この反魂香というのは現在では馴染みの無い言葉かもしれませんが、江戸時代には落語などの題材にもなったのだそうです。

個人的には「足が無い」というのは、人間では無いということを示すための表現手法だったように思います。現在ならば CG を使って半透明の姿や、不気味な光彩を作り出すのは簡単ですが、当時はそんなことができるわけもなく、妖怪のような異形ではなく人の形をしていながら異質なものを表現するための手段として、足をとって、浮遊させてみたのではないでしょうか?

夏になると幽霊画鑑賞会なども開かれるようですので、幽霊の足について興味を持った方は実際に見てその真実を確かめてみるのも面白いかも知れません。知的好奇心が満たされるだけでなく、その迫力で暑さも忘れさせてくれるはずです♪