罪が赦(ゆる)される日

皆さん、お中元はすでに贈りましたか? 東日本および全国的には7月15日までに贈るのが「お中元」とされています。

ただし、基本的には 15日頃までに発送すれば良いとなっているようですし、関西では8月15日に贈るのがお中元とされているので、7月15日を過ぎてしまったからお中元を贈ってはいけない、というわけではありません。

お中元はお盆に合わせて先祖への供物を送るだけでなく、お世話になった人に贈り物をするようになったと言われています。由来から考えると、本来はお盆とお中元というのは同じ日付で行われるはずなのですが、関東地方の一部ではお中元は7月15日、お盆は8月15日というように分かれているようです。

元々はお盆もお中元も旧暦の7月15日に行われていたわけですので、以前に紹介したように 満月の日 に行われていました。

お盆をもとにお中元が始まったのは江戸時代頃と言われているのですが、本来「中元」という言葉は全く違う意味を持っていました。「三元」という道教の行事があり、中元はその中の一つだったのです。

「中」元という字からも想像がつくかもしれませんが、三元には他に上元、下元があります。ちなみに上元は旧暦の1月15日、下元は 10月15日を表します。それぞれの日に対応する神様が存在していて、その神様によってその日に得られる神徳=御利益が変わってきます。

上元の神様は天官大帝。その神徳は賜福。つまり福を与えてくれる神様です。下元の神様は水官大帝。神徳は解厄。こちらは厄払いをしてくれる神様ということになります。

それでは中元の神様は何かというと、地官大帝で神徳は赦罪(しゃざい)。罪を赦してくれる神様なのです。この日に地官大帝に祈ることでさまざまな罪が赦されるということで、道教では一日中火を焚いて祝ったのだそうです。

地官大帝は地獄の帝でもあったので、生者だけでなく死者の罪も赦される=地獄の死者を救い出されるように願う行事も行われるようになりました。さきほど、お盆の由来についての記事を紹介しましたが、そこに書かれている「釈迦が7月15日に僧侶を集めて祈れば死者が救われると言った」というエピソードは、後世の創作であり、もともとはこの中元の行事を仏教が取り入れたのではないかという説もあります。

どちらが正しいのかは定かではありませんが、7月15日という日が祖先や死んだ人などのエネルギーと関係する日だったことは間違いないようです。今では死んだ人メインのお盆が一般的になってしまっていますが、中元は死んだ人も生きている人もまとめて罪を赦してくれるという行事ですので、どちらかというとそちらの方が御利益が多かったように感じてしまいます。

現在ではお中元=贈り物という印象が強いですが、本来は罪を赦して貰える日。1年も半分過ぎたこの時期に、自分が罪を犯してきていないかを振り返り、懺悔(ざんげ)してみるというのも良いかもしれません。