先日、製作が始まったとだけお伝えしてあった「癒しのグッズクリエイト」ですが、いよいよ COCORiLA オリジナルの桃の木で作られたヒーリンググッズがその姿を現しつつあります。

現在製作進行中のみなさんの投票によって選ばれた、桃の木で作るヒーリンググッズとは、catfood1130 さんがアイディアを出してくれた「賜併せ箸<しあわせばし>」。桃の木で作られたお箸なのですが、そのネーミングといい、長さや形など、非常に詳細に内容が考えてあったのが、多くの方から投票を集めたポイントだと思います。

お箸の材料としては黒檀などが有名で、さまざまな木材が使われていますが、普通桃の木で創られることは無かったので、編集部はお箸をオリジナルで作ってくれる職人さんを探すところから開始しました。そして見つけたのが、オーダーメイドでさまざまなお箸を作ってくれるという「bolly 木工房」さん。

桃のお箸を作るのは初めてということでしたが、なんとか編集部で用意した桃の木を使ってお箸作りにチャレンジしていただけるということになり、作業をお願いしてありました。通常は、歪みの無い、きちんと製材された木を使ってお箸を作られているということで、切り落とされただけの丸太を利用するのはかなり困難だったようですが、着々と製作は進んでいるようです。

今回、掲載したの写真は桃の木を乾かしているところ。歪みがでないように乾かしていくのだそうです。しっかり乾いたらいよいよ、形を整えて漆塗りへ…といった工程になります。

お箸がどのようにできあがっていくのか? そして「bolly木工房」さんと桃の木との思わぬ関わりなど、いろいろと面白い話はあるのですが、それは今後、徐々に紹介していきたいと思います。

取材にうかがったときに、乾燥させている桃の木を持ってみたのですが、想像以上に軽く、さらに独特の香りが漂ってきました。まだまだ、完成までは何工程もある段階ですが、これがお箸になったら、とても素晴らしいものになるというのを予感させてくれました。

これから仕上げまでにはまだしばらくかかるということですが、間違いなく素敵なお箸ができあがりますので、今しばらくお待ち下さい!

取材協力:bolly 木工房