海の向こうからやってきた神様

前回 は七福神全体の概要について紹介しましたが、今回からは七福神を1柱ずつ詳しく紹介していきたいと思います。

七福神の中で唯一日本由来のものとされている「恵比寿(えびす)」。釣り竿を持ち、鯛を抱え、福耳という、いかにも財運をもたらしてくれそうな容姿の恵比寿神ですが、釣り竿と鯛からもわかるように本来は豊漁の神様として信仰されていました。

古来から漁業の神様として知られていた恵比寿神ですが、その字は戎・蛭子・恵比須・夷などさまざまです。いくつもの字が表すようにその正体も諸説あります。

もっとも有名なものは「蛭子」説。こちらは「ひるこ」とも読むことができるのですが、このひるこ神は、伊弉諾(いざなぎ)と伊弉冉(いざなみ)が最初に作った子供であり、ある意味日本神話で一番最初に生まれた子供ということができます。しかしながら、足腰が立たなかったために、海に流されてしまいました。

海に流された蛭子が他の場所に漂着し、そこで成人して漁業の神となったと言われています。漂着したと言われている地は日本各地にあるのですが、有名なのは兵庫県西宮市で、西宮市にある西宮神社はえびす神社の総本社となっています。

次に有名なのは「事代主命(ことしろぬしのみこと)」説。この神様は大国主命(おおくにぬしのみこと)の子供で、託宣を司ると言われている神様です。漁業には直接は関係無いのですが、釣り好きで出雲で魚を釣っていたという伝承があることから、魚と釣り竿を持った姿で描かれるようになり、いつしか漁業の神様とされてと言われています。

他にも大国主命とともに日本全国を旅した少名彦命(すくなひこのみこと)という、とても小さい、一寸法師の原形になったとも言われる神様が恵比須だという説や、「えびす」という字に夷や戎、蝦夷など中央にまつろわぬ民の別称が入っていることから、海の外からやってきた存在をすべて「えびす」であるとした説、全てを活用できた巨大魚クジラをえびすとして祀(まつ)ったという説などもあります。

共通する要素としては、海や水に関わりがあるということです。ご存じの通り日本は海に囲まれています。古代にはその先は常世(とこよ)であり、別世界だと考えられていました。海辺に流れ着くものは、そんな常世からやってきたものであり、神聖であり、なおかつ生活の糧(かて)だったのでしょう。そんな海の恵みが具現化したのが恵比須神だとは考えられないでしょうか?

その福々しい姿から多くの人に愛されている恵比寿神ですが、出自が複雑なだけに謎の部分も多くあります。例えば、いくつかの恵比須神社では本殿の横や裏に板や銅鑼がかけられていて、お参りをするときにそれを叩くようになっています。なぜ叩くのかというと、恵比須神は耳が遠いために、板や銅鑼を叩いて注意を引かないと祈願を聞いて貰えないというのです。ちなみに、耳が遠い理由というのははっきりとわかっていません。

ビールの名称や、駅名にもなっていて一般的な恵比須神ですが、実は結構ミステリアスな神様だったのです。恵比須神が祀られている神社を訪れたときは、商売繁盛や福を願うだけではなく、そのミステリアスな正体を解明するつもりでエネルギーを感じてみるのも良いのではないでしょうか? 衝撃の事実がわかった方がいたらぜひコメントで教えて下さいね。