体外離脱はどんなもの?

COCORiLA 読者のみなさんにはお馴染みの、ゲリー・ボーネルさんによるイブニングレクチャーレポート。今回のテーマは「体外離脱」。

多くの人がゲリーさんに体外離脱は安全なのか? と聞くそうです。体から外に出たは良いけれど戻れなかったり、変な形で体に戻ったりしたらどうしよう…。という不安は誰でもあるということなのでしょう。しかし、ゲリーさんによると、体外離脱をしても自分が許可しない限り危険なことは何も起きないということでした。

体外離脱とは「意識を保ったまま体から出る」こと。その時には肉体に近い部分のエネルギー体である「エーテル体」を通して、その一段上のエネルギー体「アストラル体」に意識を投影するので、もう一つの体があるような感覚になるのだそうです。

単に意識だけを飛ばしているのではないので、体外離脱した状態で物に触るとそのエネルギーを感じられたり、人の側に立つと、その人からは見えていなくても影響を与えることができます。

体外離脱は、世界が変わるほどの体験だとゲリーさんは言います。宇宙や地球の中心、世界中のどこにでも旅をすることができるだけでなく、エネルギーレベルの情報をはっきりと見たり、受け取ったり、また肉体を離れた人たちと繋がることもできるのだそうです。

さらに、肉体から離れるという体験をすることで、自分は肉体を超えた存在であるということを実感し、自分は永遠の存在だということが認識できるようになるのだとか。話を聞いているだけで体外離脱をしてみたくなってきます。

実際に体外離脱をしてみたい! という人のために7月に行われるワークショップの内容もいろいろと説明してくれました。

ワークショップ中に体外離脱できなかったとしても、ワークショップ後に体外離脱の体験をする人は 70%にもおよぶとのこと。

ワークショップ中は、まわりに人が多くて集中できなかったり落ち着かなかったりするかもしれませんが、ワークショップで十分に準備をしておくことで、一人になった時、落ち着いて万全の状態でチャレンジすることができます。そのため、成功する確率がぐっと上がるのです。

他にも実は体外離脱体験である夢の種類についてや、低位アストラル界で感情が引き起こすこと、体外離脱した状態で環境から受ける影響、魂のコードについてなど魅力的な話題が満載でした。

体外離脱をしたいと心から望んでいれば、練習を積み重ねることで誰もが必ずマスターできるということですので、興味がある方は7月のワークショップに参加して、世界が変わるほどの衝撃的な体験をしてみてください。