空を彩る花

夏といえば花火。夜空を大きく彩るさまざまな花火は私たちの目を楽しませてくれるものです。

花火の起源は6世紀頃、中国で火薬が使われるようになったのと、ほぼ同時期だと考えられています。そもそも火薬が造られたきっかけというのは、錬丹術(れんたんじゅつ)なのではないかという説があります。

錬丹術とは何かと言うと、不老不死を得るための仙道のひとつで、外丹法と内丹法に分かれており、外丹法は外部にあるさまざまな物質を混ぜ合わせることで、不老不死の仙人になることのできる仙丹という薬を造るというものです。一方、内丹法は自分の体の中で気を錬ることによって、同じく仙丹を生み出すというもので、現在では健康法として一般的になっている気功法はここから生まれたといっても過言ではありません。

現在でも残っている仙道では、後者の気を錬って仙丹をつくる内丹法しか残っておらず、外丹法というのは廃(すた)れてしまっています。なぜ廃れてしまったのかというと、水銀や鉛を混ぜ合わせるなどして、さまざまな試みが行われたにも関わらず、結局仙丹は完成しなかったからです。不老不死の薬はできませんでしたが、さまざまな物質を混ぜ合わせる過程で、いろいろな化学的な発見がありました。その中のひとつが黒色火薬というわけです。

もともと花火は、ロケットや狼煙として使われていたものだといわれています。以前に紹介したことのある 龍勢 のようなものだったのでしょう。

日本で初めて花火を鑑賞したのは徳川家康だという説が有名です。中国製の花火を家康が見物したことから、日本でも花火の製作が始まったとされています。ただし、この当時の花火は手持ちのおもちゃ花火のようなものが主で、大型花火による花火大会が行われるのは、徳川幕府8代将軍吉宗の頃まで待たなければなりません。

現代でも有名な隅田川の花火大会は、吉宗が死者の慰霊と悪霊退散を祈って隅田川で行った、水神祭りの花火が始まりとなっています。この当時は関西では飢饉、関東ではコレラが猛威をふるって、多くの死者を出しており、世間は不安と恐怖に溢れていました。そんな人々の心を明るくするという目的もあったのだと思います。

現在は花火の色は色とりどりで、さまざまな色合いに変化しますが、これは明治時代以降に海外からさまざまな発色剤が輸入されてきたことによって可能になったものです。吉宗の頃は、炭火のような色、つまりは赤っぽい橙色が花火の色でした。

赤は五行では「火」。活動的であり、もっとも強いエネルギーを持ちます。カラーセラピーなどでも赤はエネルギーを活性化させ、生命力を強くすると言われています。そんな火のエネルギーを強烈な火薬で空に打ち上げて、大きく拡散させるというのはネガティブなエネルギーを吹き飛ばすという意味では非常に理にかなっていると言えるでしょう。

暗い闇の中に現れる太陽のような輝き。人の心の暗闇を切り裂いて光を差し込ませたい。悪いエネルギーを振り払いたいという願いが、花火大会の始まりだったわけです。

震災と原発の影響で今年の花火大会は中止されるところが多く、隅田川の花火大会は時期をずらして 2011年8月27日(土)に開催が決定したということですが、資材不足や節電などの関係もあり、開催を明言するところまではいかない地域も多いようです。

節電問題や、多くの人が集まったときに余震があったら対処できないなどの問題はあると思いますが、多少規模が小さくなっても、こんな時期だからこそ、エネルギーを活性化させ、生命力を与えてくれる、古来からの意味あいを持つ花火を打ち上げて欲しいと願ってやみません。