新しい暦ができる?

先日、日本気象協会が「日本版二十四節気」を作り始めたという発表がありました。

二十四節気に関する記事はいくつかありますので、すでに用語などはご存じの読者も多いかもしれません(その1その2その3その4)。これらの記事を読んでいただければ、二十四節気を始めとした「暦」というものが、古代の人々の生活と密接に関わっており、とても深いスピリチュアルな知恵が込められているということがわかると思います。

二十四節気が考案されたのは今から約2,600年前の中国だと言われています。古代中国で使われていた、月の満ち欠けをもとにした太陰暦は、太陽の動きとは関係が無いため、次第に暦と季節にズレが生じてしまいました。そこで季節を知る目安として、太陽の運行をもとにした暦である二十四節気が生まれたのです。

本来は中国のものなので、日本の気象などとはちょっと違うところもありますが、農業の目安として便利なことから日本でも暦として取り入れられました。その後、新しい天文学の知識などをもとに、何度か微妙に日付などの調整を繰り返しながらも、二十四節気は日本に定着していき、日本が太陽暦を取り入れてからも二十四節気は無くなりませんでした。

それでは二十四節気全てを紹介しましょう。最もポピュラーだと思える二十四節気は「春分・夏至・秋分・冬至」の4つでしょう。同じように「立春・立夏・立秋・立冬」なども比較的良く耳にするかもしれません。これらは、二十四節気の中で季節の大きな区分と言えるものです。

「小暑・大暑・処暑・小寒・大寒」などは季節の気温に関連する二十四節気。大寒などはニュースの天気予報などで聞くことがあるかもしれませんが、小寒というのは耳慣れない言葉かもしれません。

残りの「雨水・白露・寒露・霜降・小雪・大雪・啓蟄・清明・小満・穀雨・芒種」などは、普通に生活しているとあまり聞き覚えのない言葉が多いように思います。

こういった聞き覚えのない言葉をわかりやすく親しみやすい言葉にして、さらには日本の季節感にぴったり合ったものにする。というのが新しい二十四節気のようです。

日本の季節感と合わせるというのは良いと思いますが、古来からある知恵が失われつつある現代において、たとえ専門家からの助言を受けたとしても、古代の人が直感的に導き出した旧来の二十四節気のように 2,000年以上使い続けられるものが作れるかというと、疑問が残るところです。