福を招く神様

福を招く神様といえば、真っ先に頭に浮かぶのは「七福神」ではないでしょうか? しかし、七福神という名前は知っていても、それぞれの神様をすぐに言える人はなかなかいないように思います。

七福神とはその名の通り、7柱の福を招いてくれる神様のこと。現在では7柱セットのようになっていますが、実は徐々に増えていって現在のような7柱となったのです。

最初から日本で信仰されていたのはは恵比寿(えびす)。以前に記事でも紹介したことのある(その1その2)商売繁盛に御利益があるとして人気の神様です。もともとは日本神道の神様であり、漁業を司(つかさど)るとされています。実は七福神の中に日本古来の神様は、この恵比寿しかいないのです。

次に七福神入りしたのが大黒天(だいこくてん)と弁財天(べんざいてん)。大黒天は大黒様と呼ばれて親しまれておりますが、こちらはもともとはヒンドゥー教のシヴァ神という最高神の一人であり、破壊の神様として知られているものが、神道の大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合して生まれた神様なのです。シヴァにも大国主命にも特に財運に関連した御利益は無かったのですが、それぞれが強力な神様であり「王」というイメージがあることから、大黒柱などとされて、今では財運を司るというようになっているようです。

弁財天も同じようにヒンドゥー教のサラスヴァティ神という、音楽や芸術、学問などを司る神様が元になっています。大国主命と習合することで随分とイメージの変わった大黒天に比べると、弁財天とサラスヴァティ神はほとんど同じ御利益を持っていると言えるでしょう。

しばらくは、この3柱をセットにした状態で信仰されていたようです。一般的に七福神が庶民に広まったのは室町時代頃だとされていますが、この頃に残りの4柱が追加されました。

七福神の中で唯一いかつい恰好で描写される毘沙門天(びしゃもんてん)、元はヒンドゥー教のクベラ神ですが、インドの要素よりもクベラ神が仏教に取り入れられてからのイメージの方が強いようです。毘沙門天は仏教では四天王の一人であり、あちこちに仏像が残されているほど人気の神様です。仏教的には武力を持った守護の神様というイメージがありますが、実はヒンドゥー教時代は財宝神だったということであり、七福神に選ばれたのは、そちらの御利益を優先したためなのかもしれません。財宝と武力が結びついて、現在では勝負事に御利益があるとされています。

残りの3柱は、七福神の中でもマイナーな神様で、この3柱をサッと言える方なら、七福神を全て言うのは簡単だと思います。恵比寿を除く3柱はインド由来の神様でしたが、残りの3柱はすべて中国由来の神様となります。

福禄寿(ふくろくじゅ)と寿老人(じゅろうじん)はどちらも道教の神様で、南極星の化身であり寿命を司るとされています。面白いことに、この2柱の神様は基本的には同一であるとされているのです。どうして、同一の存在が2柱になってしまったのかは定かではないようですが、不思議に思った人はいたようで、一時期寿老人は七福神から外されたこともあったそうです。

最後に布袋(ほてい)ですが、こちらは唯一実在されたとされている人物がモデルになっている神様。常に袋を背負っており、太鼓腹という七福神の絵そのままの姿で、弥勒菩薩の化身と言われるほど、さまざまな奇跡を起こしたとされてはいるのですが、どうして福を呼ぶ存在とされたのかはこちらも定かではありません。

こうして改めて七福神について見ていくと、とてもポピュラーな存在でありながらも、実はさまざまな国の神様が集まってできた、とてもワールドワイドな存在であり、なかなかミステリアスな集団だということがわかると思います。

身近だけれども神秘的な七福神。これから何回かにわけて、七福神について、より詳しく紹介していきたいと思います。