お風呂の歴史

本日、4月26日は「よい風呂の日」なのだそうです。毎月 26日が「風呂の日」とされていて、その中でも特に強調されるのが4月と 11月のようです。

「26」を「ふろ」と読む語呂合わせが由来となりますが、どうやら 11月26日を「いい風呂の日」としたのが、そもそもの初めのようです。こちらは日本浴用剤工業会というところによって制定されたものなのですが、そこから派生して毎月 26日が風呂の日、4月は「よい風呂の日」となったのでしょう。

語呂合わせの都合上、いくつも風呂の日ができてしまったといった感じですが、日本人はそもそもお風呂の好きな民族ですので、風呂の日がたくさんあることに違和感がありません。日本人のお風呂好きは海外にまで知られており、最近では、大震災で被災された方が瓦礫の中で手作りのお風呂を作って入浴している写真が報道され、海外で注目を浴びていました。

日本は火山島ですので、全国津々浦々に温泉が湧いています。古代の人たちは自然とこういった温泉に入浴していたようですが、いわゆるお風呂というものができたのはだいたい西暦 600年頃ではないかと言われています。

当時のお風呂というのは、とてもスピリチュアルな意味合いがあったのをご存じでしょうか? もともと神道では穢(けが)れを祓(はら)う禊(みそ)ぎを川などで行っていましたが、仏教が渡来すると同時に沐浴(もくよく)という習慣が導入されました。こちらも禊ぎと同じように体を清めるためのものですが、こちらは現代のサウナのようなものでした。

仏教で沐浴のために使われる施設は湯堂、浴堂などと呼ばれており、薬草などを入れたお湯を沸かして、その蒸気を室内に充満させるという仕組みになっています。仏教では「病を避け、福を招来するもの」としてこの沐浴が奨励されており、最初のうちは尼僧などが身を清めるためのものだったのが、いつしか一般庶民へも解放されていったようです。

現在のような、湯船にお湯を張ってそこに入るという形がいつ頃から発生したのかは定かではないようですが、江戸時代にはいわゆる銭湯が一般的なものとなり、多くの人たちに好まれるようになりました。

ちなみに、お風呂全体の起源はとても古く、なんと紀元前 4000年頃のメソポタミアにすでに沐浴のための施設が存在しており、紀元前 2000年頃には湯船が存在していたのだそうです。古代ローマ時代には公衆浴場が存在していて人々がお風呂を楽しんでいたようですが、キリスト教的な価値観が浸透するにつれ混浴などは無くなり、14世紀に起こったペストの流行によって、「入浴でペストに感染する」という間違った理論が一般的になるとともに、ヨーロッパでは風呂文化が消えていったようです。

先日、酒風呂で浄化をする という記事を紹介しましたが、日本のお風呂は浄化のために始まったことを考えると、お酒やハーブなどを使ったお風呂に入ることはむしろ原点に返ることなのかもしれません。

本日に限らず 26日は、ハーブを入れたり、お酒を入れたり、エッセンシャルオイルを垂らしたりと、さまざまな形でお風呂を楽しむ日にしてみるのも良いのではないでしょうか?