仏様の証拠

先日、大仏には手や髪、足まで意味がある ということを書きましたが、今回はその辺りについて詳しく紹介したいと思います。

大仏様といえば特徴的な髪型が思い浮かぶと思いますが、あの髪は「螺髪(らほつ)」というもので、髪が渦巻き状になったものだとされています。ちなみに、髪の毛だけでなく体のすべての毛が右に巻いているのだそうです。

このような特徴を三十二相八十種好(さんじゅうにそうはちじっしゅこう)といいます。仏様にはすぐにわかる 32種類と、ぱっと見ではわからない細かい 80種類の特徴があるということなのです。

これらは全ての毛が右に巻いているという螺髪のように、どれも普通の人ではありえない特徴ばかり。例えば、大仏は頭のてっぺんが盛り上がっていますがあれは「頂髻相(ちょうけいそう)」というもので、頭の頂点の肉が隆起して、まるで髷を結(ゆ)ったようになっている状態のことです。また、眉間にある「ぽっち」は「白毫相(びゃくごうそう)」といい、これまた右に巻かれた毛が眉間にあり、ここから光を放つのだそうです。

他にも手足指縵網相(しゅそくまんもうそう)という、指の間に水かきのような金色の膜があるというものや、足下二輪相(そくげにりんそう)という足の裏に輪の形をした模様が表れているというものなど、明らかに人にはありえないような特徴がたくさんあります。

その一方で、長指相(ちょうしそう)という手足が長くて繊細であることや、肩円満相(けんえんまんそう)という両肩が丸くて豊かな状態などという、普通の人でもありえそうなものもあります。

これらの特徴は基本的にはお釈迦様=仏陀の体の特徴だったようなのですが、さまざまな仏像が作られるにつれて仏陀だけでなく、如来には全てこのような特徴があるとされたようです。大仏は大体において、如来を表しているのでこういった特徴があるというわけです。

一体どのようにして、こういった特徴が生まれたのかは定かではありませんが、全ての特徴が縁起が良い、もしくは神聖な意味合いを持っているということです。お釈迦様は偉大な人物だったので、その姿もきっと縁起の良い神聖な要素が全て集まったのだ! と後世の人によって考えられたのかも知れません。

仏像にはこういった要素がかなり反映されていますので、今度如来の仏像を見るときにはこういったポイントをチェックしてみるのもおもしろいかもしれません。単に「ちょっと変わっているなぁ」と思っていたものが、実は意味のあるものだったということがわかると思います。