グラウンディングをしよう!

「グラウンディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? いろいろな説がありますが、基本的には「大地のエネルギーと繋がる」ことを指すようです。

先日も紹介 しましたが COCORiLA では、今回の大震災に対して、スピリチュアルな方々から寄せられた メッセージを紹介 しています。その中で、COCORiLA の記事でもすでにお馴染みのレバナさんとゲリーさんが、恐れを解放するための方法に言及しています。

『すべての人が恐怖や不安から解き放たれるのに役立つテクニックを挙げるのは容易ではありません。集中した呼吸に意識を向けることは恐怖や不安から解き放たれるのに役立つでしょう。恐れは自己中心的な意識からなる感情の動きですが、他者のニーズを考えられるようになると切り替えられるようになるでしょう。グラウンディング呼吸法は現在のような外的な要因によって引き起こされた恐れにとても有効です。マスターブレスも効果的です』(ゲリーさんのメッセージから抜粋)

『グラウンディングコードをまっすぐと直接地球の中心に下ろし、しっかりとグラウンディングすることを忘れないでください。
2時間おきにグラウンディングコードを現在に持ってきてください。
自分が何を感じるのかコントロールする力は自分自身の中にあります。
ですから恐れから常にエネルギーを抜いてください。
自分の中にある能力を生かしてください』(レバナさんのメッセージから抜粋)

双方ともに「グラウンディング」という言葉が登場します。ゲリーさんの方は呼吸法と書いてありますが、メッセージで紹介されているリンク先を見てみると体の動きを伴ったワークといったような感じです。この呼吸法には不安や恐れを解放するだけでなく、物事に現実的に対処できる能力を高めたり、ストレスへの耐久性を高めたりする力もあるそうです。

一方、レバナさんが紹介しているグラウンディングについてはどのようなものなのか? レバナさんの著書から抜粋してみます。

『グラウンディングとはあなた自身の現実を創造する能力であり、霊的な性質を「地につけ」て、自分のためになる、幸せですこやかなライフスタイルを生み出していくことです』ということです。具体的な方法も紹介しましょう。

・ 椅子に座り両足をぴったりと床につけるように座り、足を地面にしっかりと密着させます。
・ 次に男性の場合は背骨の基底部、女性の場合は卵巣と卵巣の間に第1チャクラと呼ばれる
  エネルギーセンターがありますので、このエネルギーセンターに意識を集中させましょう。
・ 意識を集中したらエネルギーセンターに、エネルギーで作ったコードを繋ぎましょう。
・ 繋いだコードはエネルギーセンターからまっすぐ下へと伸びていきます。
・ コードは椅子を通って、床を通り、最後には地球の中心まで届きます。
・ 地球の中心までコードが届いたら、しっかりとコードを固定しましょう。

レバナさんによるとグラウンディングができていれば、どのような状況でも、うろたえずに適切な行動が取れるのだそうです。また、自分自身のエネルギーをグラウンディングコードを通して地球の中心まで送り込むと、それは中和されて新しくもっと使いやすい形になって戻ってくるということですので、恐れや不安があったら、それを地球の中心まで送り込めば、新しい形で自分に戻ってくることになるというわけです。

ゲリーさんの方法も、レバナさんの方法もどちらも何の道具も無しで行うことができるものですから、不安や恐怖、ストレスを感じたときには是非実践してみて下さい。