今、できること。

今回の東日本大震災のような災害の中で、私たちにできることは何なのでしょうか?

COCORiLA では、今回の大震災に対してスピリチュアルな方々からの メッセージを紹介 しています。詳しい内容などについては、また改めてじっくりと紹介したいと思いますが、皆さんがとても素敵なメッセージを寄せてくださっています。そんなメッセージの中には「自分のできることを考えよう」という言葉が入ったものがいくつもありました。

落ち着くこと、また以前紹介したように 節電 をすること、COCORiLA でも活動を始めたように 募金をする こと…いろいろとあると思いますが、一番大事なことは被災地の方のことを考えることではないでしょうか? メッセージを寄せてくださった中の一人である大野百合子さんは次のように語っています。

「私たちは決して一人ではありません。そして、人が心から純粋に思うこと、祈ることには大いなるパワーが宿ります」

誰かのことを思い願うだけでも、パワーになるのです。また、被災地の方の立場を考えれば、最近問題になっている買い占めなども起こらなくなるはずです。現在、首都圏だけでなく、関西地方や九州地方でまで食品や電池が品薄になっているそうです。

ほとんどの商店で見かけるのが難しくなっているミネラルウォーターやパン、ラーメンですが、これらの生産能力はほとんど落ちていないのだそうです。それにも関わらず、品薄になっているのは、被災地への供給が優先されているということもありますが、一番の原因は買い占めによるものだそうです。

連日のようにテレビで報道される悲惨なニュースや情報で不安が高まっているのはわかりますが、首都圏で買い占めが行われなければもっと多くの食料を被災地に届けることができるのです。

百歩ゆずって食料は仕方ないにしても、ガソリンやトイレットペーパーなどを買い占める必要があるのでしょうか? 万が一首都圏や関西地方で災害が起こったとして車で逃げ出すのが現実的でしょうか? トイレットペーパーを担いで逃げるのでしょうか? おそらくそんなことはできないと思います。

災害の備えをするのはとても大切なことです。しかし、買い占めをするのは災害の備えではなく、不安を解消するための手段でしかないように思えます。必要な備えをしたら、後は少し我慢するだけで、被災地へ、より多くの物資が届くのです。少しの我慢と引き替えに、どれだけの命が救われ、笑顔が取り戻せるかを想像してみてください。もし、買い物をしなければ不安でしかたがない。という方がいましたら 以前に紹介した 方法も試してみて下さい。

一番簡単に私たちができること、それは被災者の方のことを思い、そしてその立場にたって行動することなのではないでしょうか?