心を鎮(しず)めるためには?

2011年3月11日(金)に日本を襲った大地震、そして津波により、多くの人が被害に遭われています。被災された地域では現在でも救援活動をはじめとして、さまざまな活動がなされていますが、さまざまな不安を煽(あお)るような情報が巷(ちまた)には溢れています。

今回の災害によって被災地の方はもちろんですが、被害が少なかった地域にいる方でも、余震が起こるたびに恐怖を感じるという方や、電車が止まってしまって家に帰れなかったという辛い体験をされた方、テレビで報道される情報を聞いて恐怖を募らせている方などがいると思います。

防災意識を持ち、危機感を持つのは良いことですが、それが行きすぎてしまうと不安のために眠れなくなったり、恐怖で冷静な判断ができなくなったりしてしまう可能性があります。そうなってしまうと、いざというときに迅速な行動が取れなくなってしまうかもしれません。そんなことにならないように、不安や恐怖に打ち勝ち、心を静めるためのスピリチュアルな方法をいくつか紹介したいと思います。

手軽な方法としては、フラワーエッセンスなどのエッセンスの中で、緊急時に使用するレメディを使うというものがあります。フラワーエッセンスの元祖でもある『バッチフラワーレメディ』にはその名もずばり『レスキューレメディ』というものがあります。

こちらは、インパチェンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘムという5種類のエッセンスを調合したもので、事故や災害に遭ったときや、精神的なショックを受けたときなどに使用することで、パニックを抑え、平常心を取り戻してくれるとされています。

他にも類似のものとして、オーストラリアの植物を使った『ブッシュフラワーエッセンス』には『エマージェンシーエッセンス』というものがありますし、動物のエネルギーを使った『アニマルエッセンス』には、『アニマルレスキュー』というものなどもあります。他のエッセンスでも、似たようなものはいろいろとありますので、お手元にこういったエッセンスがある方は、ご自身が使うのはもちろん、身の回りで強い不安や恐怖を覚えている方がいたら、使用を勧めてみるのはいかがでしょうか?

エッセンスなどが手元に無く、売っているお店も無い…という場合はハーブを活用するという方法もあります。精神を鎮静化させるハーブとして有名なものに、レモンバームやバジルがありますが、レモンバームもバジルも比較的栽培が簡単ですので、自宅のプランターなどで育てている方もいるのではないでしょうか?

今回は、より手に入れやすそうなバジルの使用法について紹介します。バジルは精神を鎮静させ、不眠症やノイローゼなどを緩和してくれるということですので、使い方としてはハーブティにして飲むのが一番手軽な方法でしょう。それでは簡単なハーブティの作り方を紹介します。

  • 洗ったバジルの葉をティーポットに入れます。
    だいたいカップ1杯でバジルの葉は5、6枚が目安です。
  • ティーポットにお湯を注いで3分程度待ちます。

以上でバジルのハーブティが完成です。こちらはフレッシュハーブを使ったものですが、料理用のドライハーブでも作ることができます。その場合はカップ1杯にティースプーン1杯ぐらいで OK のようです。基本的にハーブティなので、どなたが飲んでも大丈夫ですが、妊娠中の方や重い病気を患っている方は飲用を避けた方が良いと言われていますのでご注意下さい。

最後に、エッセンスもハーブも手に入らないという状況の場合に、何も無くても行える方法を紹介しましょう。こちらは、不安や恐怖で眠れない人を、眠りへと誘い癒してくれるという誘導瞑想です。

以前に紹介したことのある、妖精についての情報が満載の書籍『フェアリートレジャリー ~妖精の世界へようこそ~』(ジャッキー・ニューコム&アリセン・ゲッデス・ワード著 宇佐和通訳 ステップワークス発売)に掲載されているこの 誘導瞑想 は、著者が深い悩みにさいなまれて眠れなかった時、妖精に助けを求めたところ、妖精から不思議な毛布をもらい、それによって深い眠りに落ちて安らぎを得た。という経験から作られたものです。それでは、その「癒しをもたらす毛布の瞑想」を紹介しましょう。


リラックスした状態で、体が十分温かいこと、そして誰にも邪魔されないことを確認します。両目を閉じ、深呼吸を数回繰り返します。特に癒したいこと、あるいは解決したい問題があるなら、このときに意識します。

頭上には、夜空が広がっています。雲は全く無く、あちこちで星がまたたいています。夜空の美しさを感じ、細かいところまでよく見ましょう。

しばらくすると、真っ白な光が現れ、あなたを照らし出します。夜空をバックにきらめきながら、どんどん広がっていきます。光は、まるで空から落ちてくるようにあなたに向かってきます。頭のすぐ上まで来たとき、光は形を取り始めます。それは、雨粒と星でできた毛布で、白く輝いています。縁の部分では、月明かりと星明かりが競って踊っているようです。妖精が作ってくれた夢の毛布がもたらすものは、純粋な愛情にほかなりません。妖精からの無条件の愛を示す贈り物なのです。あなたには、この贈り物を受け取る資格があります。心も体もリラックスさせて、ぐっすり眠ってください。

あなたの体を包む毛布をよく見てください。雨粒や星明かりの一つひとつに、あなただけの夢が詰まっています。準備ができたら、妖精の毛布で体を包んでください。何の心配もなく、心地よい眠りに身を任せましょう。美しい夢が見られますように…。


この瞑想を行うときは、妖精に毛布を持ってきてくれることを祈ってから行うと良いとされています。また、瞑想を行う時間が無かったり、覚えるのが難しい場合は単に雨粒と星でできていて、縁の部分が月明かりと星明かりで光り輝く、白い美しい妖精の毛布が自分の所に降りてくるのをイメージするだけでも良いようです。

これからも、不安を覚えるような情報があったり、いろいろと不自由な思い、怖い思いをすることがあるかもしれませんが、身の回りにあるものを利用したり、スピリチュアルな知恵や妖精、精霊たちの力を借りて乗り越えられるように、COCORiLA ではできる限りさまざまな情報を紹介したいと思います。