ホワイトデーの秘密

明日、3月14日はホワイトデー。バレンタインデーは2月の大イベントといった感じで、COCORiLA でもバレンタインデー特集を行いましたが、ホワイトデーはそれに比べるといまいちパッとしない印象があるのはなぜなのでしょうか?

バレンタインデー特集 のときに紹介したように、バレンタインデーには古代から続くきちんとした由来が存在していますが、ホワイトデーは日本限定、しかも 1980年代に全国飴菓子工業協同組合という所が制定した日のため、重みが感じられないように思います。

COCORiLA ではいろいろな記念日などを紹介してきていますが、新しくできたからといってちゃんとした志があるような記念日には、それなりの意味が込められているものが多く感じます。それに比べるとホワイトデーは、完全にお菓子業界の販促キャンペーンでしかありません。

ホワイトデーという名前ができたのは前述したように 1980年ですが、それよりもう少し前から、バレンタインデーのお返しとしてお菓子業界は独自の日をいろいろと設定していたようです。一説によると福岡県にある「石村萬盛堂」というところが、バレンタインのお返しとして白いマシュマロを売り出したのが、お菓子業界として初めての試みだと言われています。しかし、現在では石村萬盛堂でも、特にホワイトデーの起源を主張したりはしていないようですし、全国飴菓子工業協同組合も、ホワイトデーをやめてキャンディの日に変えたようです。こうしてみると、お菓子業界全体でバレンタインデーにあやかろうとした結果、生まれてきたのがホワイトデーのようです。

ちなみに、なぜ「ホワイト」デーなのかというと、ホワイトは純潔さを表す、幸福を呼ぶ、縁起が良いなどの意味があったようです。縁起物として紅白饅頭などを作っていた日本のお菓子屋さんらしい発想なのかもしれません。

日本で生まれたイベントなので、海外ではほとんど普及しておらず、日本の漫画やドラマを通して知ったという人がほとんどのようです。日本のドラマをよく見る人口が多い韓国、台湾、中国などの一部では日本のようにホワイトデーが行われているところもあるようです。

男性から女性へ愛の告白をする日というのを作るというのは、悪くないアイディアだと思うのですが、バレンタインデーのようなバックボーンを考えた上で、日にちを決めて欲しいものです。ホワイトデーが愛を告白するどころか、チョコレートの見返りを渡すというなんだか、とても打算的な感じになってしまっているのも、こういったバックボーンのひ弱さによるものなのではないでしょうか?