第10回プチアンケート結果発表

2月ももう終わりとなってしまいますが、COCORiLA 読者の皆さんはどれぐらい初詣に行かれたのでしょうか?

結果は、8割近くの方が初詣に行かれたようです。やはり、日本人としては欠かせない行事ということなのかもしれません。今回は行かなかった方からはほとんど意見が無かったので、行った方の場所や行った理由などを紹介したいと思います。

  • 「氏神様」やはり日ごろお世話になっている氏神様(鎮守様)に参拝するのが礼儀だと思うので。
  • 氏神様です
  • 近所の氏神さま。やっぱり基本かな?と思います。
  • 近所の氷川神社へ初詣に行きました。毎年、初詣はまず氏神様にご挨拶をしに行きます。新しい年も家族の健康や加護を氏神様にお祈りするのが大事だと自分は思っているからです。ほかの大きい神社へも行きますが(たとえば明治神宮等)、その前に必ず、近所の氷川神社は行くことにしています。習慣化してます。
  • 地元の八幡社。毎年そこに行ってるのと、地元の神様にお願いするのがよいかな~と。

やはり圧倒的に多かったのは「近所の氏神様の所に行った」というものでした。普段はあまりひとけが無いような小さな神社でも、初詣の時期だけは本殿前に行列ができるというのもよく見られる風景です。

昔は氏神様を信仰している地域の人たちは氏子(うじこ)として色々と神社の儀式に参加したり、お祭りを手伝ったりしていたものですが、最近ではそういった活動は高齢化が進んでいて若い人はあまり参加しなくなっているようです。

ちなみに、伊勢神宮は戦前ぐらいまでは皇室のみの氏神だったようですが、現在では日本人全員の総氏神であるとされているそうです。本来ならば、自宅の近くに無い神社の神様を信仰している人は氏子ではなく「崇敬者(すうけいしゃ)」と呼ばれるのですが、伊勢神宮の場合は、総氏神ということで特別なのでしょう。

別に氏神様などを意識しなくても、家から近いという理由で神社やお寺を選ぶ人が多いようです。特に理由は無くても初詣に行くというのが決まっているというのは、日本の風習として素敵だなと思わずにはいられません。

  • 明治神宮。空間が好きだから
  • 宮島の厳島神社。パワースポットときいたので
  • 東京大神宮(去年行った神社の中で一番綺麗だったから)

パワースポット系の神社に行っている方もいらっしゃるようです。明治神宮はなんと全国の初詣人出ランキングで1位になるほど毎年混雑することで有名です。お正月の三が日で訪れる参拝客は 300万人以上ということで、毎年不動の1位を守っています。2位は成田山新勝寺、3位は川崎大師平間寺、4位は伏見稲荷大社となっており、綺麗に神社とお寺がわけあっている感じです。ちなみにこのトップ4はここ5年間、全く順位が入れ替わっていません。

COCORiLA 読者の方はどちらかというと神社に初詣に行っている方が多かったようですが、実際は初詣にお寺に行く方もかなりの数がいるということが初詣人出ランキングを見てみるとわかります。日本の伝統とも言える初詣がいつまでも絶えずに続いていって欲しい物です。

さて、それでは今回のお題。

「宝くじに当たったことありますか?」です。

不況が続く中、宝くじは庶民の夢。でも、あまり「当たった!」という人に会ったことはありません。果たして、COCORiLA 読者の中に当たった方はいるのでしょうか?

アンケートの期限は1週間。2011年3月6日(日)までとなります。