ハーブとお粥でおまじないの効果アップ

先日、バレンタインデーに向けて使える簡単な おまじない を紹介しましたが、おまじないの効力をアップさせるためには、精神を集中させる力が大切です。ということで、本日はおまじない効果を高めるための方法を紹介しましょう。

おまじないや魔術などを行う際には、まず精神集中が必要になってきます。ちゃんとした魔術を行うためには、「月光浴」や「蛍火」、「とんがり帽子」のような訓練を積み重ねる必要がありますが、バレンタインデーのために、そんな訓練はしたくない! という人にはお手軽な方法があります。それは、食物やハーブを利用する方法。

以前に紹介した 小豆がゆ もその一つで生命エネルギーを活性化させてくれます。生命エネルギーの活性化が精神集中に関係あるの? と思うかも知れませんが、体調がすぐれなければ精神集中以前の問題ですので、まずはしっかりと体調を整えることが肝心です。

今回は、生命エネルギーを活性化させて、なおかつ精神を落ち着かせてくれるお粥に入れる材料を紹介したいと思います。それは「ひじき」「人参」「ごま」の3種類。お粥にひじきと人参、ごまをトッピングすることで、脳神経系の興奮を落ち着かせ、冷静な思考力をとりもどし、神経の調和を回復させ、平静な精神状態へと導いてくれるのです。

味付けなどは基本的に自由ですので、ご自分の好きな味付けをした3つの具材をトッピングしてみてください。注意点としては、化学調味料などはつかわずに自然のものだけで味付けをするということです。

お粥をつくるのはちょっと…という人は、ハーブティを使う方法もあります。集中力を高めるためには、「タイム」や「ベルベーヌ」というハーブが入ったハーブティを飲むといいとされています。また、「セージ」は生命エネルギーを活性化させ、神経系統を正常化させてくれるので、セージのハーブティもさきほどのお粥と同じように活用することができます。

ハーブはおまじないや儀式にはよく使われていて、愛に関係した儀式に使えるハーブというのもいろいろとあります。「オレンジ、クミン、コリアンダー、ジャスミン、ラベンダー、リンゴ、ローズマリー」などです。

おまじないを行うときに、ラベンダーやオレンジ、ローズマリーなどのアロマオイルをブレンドして服につけてみたり、スプレーやディフューザーで部屋に匂いを広げる、というのも効果的な方法でしょう。

ちょっと変わった使い方としては、「ローズマリーチョコフォンデュ」というものもあります。これは、エスビー食品 が紹介しているもので、簡単に言ってしまうとチョコレートフォンデュの中に、ローズマリーを入れたもの。

チョコレートの甘い香りと、ローズマリーのすきっとした香りがマッチするということですので、バレンタインデーに恋人と一緒にこのチョコフォンデュを食べると、ローズマリーが持つ、愛や貞淑を象徴するというパワーがお互いにチャージされることでしょう。

今回はおまじないの効果をアップさせる方法でしたが、バレンタインデー前日の明日は、古くから伝わる伝統的なおまじないを紹介したいと思いますので、ご期待下さい!