「せっかく開運しても」

以前、西洋占星術 について色々と教えていただいたビギー・ネプテューン先生から開運についてのコラムをいただきましたので紹介したいと思います。今後とも定期的にコラムを提供していただけることになりましたので、お楽しみに!

皆さんは初詣に行きましたか? 先日、明治神宮の初詣のお賽銭の総額が 10億円あったと聞いてビックリしました。明治神宮だけで 10億円と言う事は、全国の初詣で集まったお賽銭の総額は一体いくらなんでしょうね。

もちろん、誰もお賽銭の額が多ければ多いほど幸せが買えるとは思っていないでしょう。しかし、お賽銭を投げ入れる気持ちはわかります。10億円と言うのは参拝者の「幸せになりたい」と言う願望の総額なんですね。

さて、世の中には様々な開運法があります。「風水」「方位学」「カラー・セラピー」「パワー・ストーン」「パワースポット巡り」などなど。みんな幸せになりたくて色々トライしているのでしょう。

しかし、せっかく色々な開運法を実行しても、普段何気なくやっている行為で運を下げていては何もなりませんね。

もしも、以下で述べるような事を日頃無意識にやっているとしたら、あなたはせっかくアゲた運をサゲている可能性があります。ちょっと見直してみると良いかも知れません。

● しょっちゅう腕時計を見るクセがある
これは無意識の内に時間に追われていることの表れです。セカセカした心からは、運は逃げて行ってしまいます。スケジュールは余裕を持って組むようにしましょう。思い切って腕時計をはずしてしまえば、意外と気持ちが落ち着きます。

● 電車に駆け込み乗車する。
これもセカセカした心の表れです。もしも、その電車が1時間に1本しかないものだったら、仕方がないかもしれません。でも、3分待てば次が来るのを待てない?そんな事を毎日繰り返しているのは何故でしょう。自分が一体何を焦っているのか一度、意味を考えて見た方が良いかも知れませんね。

● 横断歩道で信号が点滅し始めると、走って横断する。
これも焦りの心の表れです。走ると、転んだり事故に巻き込まれるリスクも増えます。次の青信号まで待ちましょう。ほんの数分です。
これは、あなたがドライバーの場合も言えることですね。黄信号でアクセルを踏み込む人は、間違いなくリスクの高いドライバーです。

「焦りの心」を無くすだけで、あなたの運気は確実にサゲ止まります。そうすれば開運効果はもっとハッキリと表れて来るでしょう。