干支ってなぁに?

今年の干支は卯、というように使われている「干支」という言葉ですが、実は本来の使われ方では無いということをご存じでしょうか?

干支の語源は十干十二支からきています。十干とは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の 10種類、十二支はよく知られている子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の 12種類のこと。十干の「干」と十二支の「支」を合わせたものが「干支」なのです。

つまり、現在干支と言われているものは、十二支というのが正確と言うことになります。十干の方は現在では暦でしか見かけることができなくなっていますが、日本でも古い時代では十干で成績をつけていました。

「甲乙つけがたい」という言葉がありますが、これは一番優れているのが甲、次が乙というように成績などがつけられていたことからきたもので、甲とも乙とも選べない=どちらが優れているのか決めるのが難しいという意味になるわけです。

暦に現在でも十干が残っていることからもわかるように、十干も十二支も年や数を数えるための方法として考え出されたもののようです。十干と十二支の組み合わせによって 60 を周期として計算することができるようになっています。

十干十二支は実在が確認されている中国最古の王朝といわれる殷の時代にすでに存在していました。殷の時代というと現在から 3,000年以上前のことになります。もともとは、日付を表す表記だったようですが、五行思想などを取り入れて、現在のような形になってきました。

先日紹介した 卯槌 で、卯が「木」であるというのもこの五行思想の影響です。十干はストレートに五行と対応していて、例えば「丁」は陽気がみなぎる「火」である。といったような感じです。十二支は現在では動物のイメージが強いですが、「寅」は元の字は「演」で形を取り発生するという意味である。というように、もともとは植物の生育をベースに漢字で表したものだったようです。

ちなみに、現在一般的に知られている十二支と十二種類の動物の対応が完成したのは、2,000年ほど前からのようです。動物に対応させる際に、植物の生育のイメージだけでなく、動物としての意味合いも取り入れられました。例えば今年の干支の卯だと、兎は五穀豊穣を司り、植物の生長を見守る存在である。とか、午は 絵馬の記事 で紹介したように、神聖な動物であったから、というような感じです。

十二支の獣は日本と中国だけでなく、実はベトナムやロシアなどでも採用されていますが、国によって微妙に違いがあります。例えば日本では亥とは猪ですが、中国を含めた多くの国では猪ではなく、豚とされています。完全に猪なのは、日本とモンゴルぐらいなのです。

猪と豚はまあ近い存在ですが、全く違う動物が入っている場合もあります。ベトナムでは卯は兎ではなく、猫で、未は羊ではなく山羊なのだそうです。

兎の代わりに猫が入っているのはベトナムだけでなく、ベラルーシでも兎と猫が卯とされています。ポピュラーな存在である猫が十二支にいないことを不思議と考えるのは民族共通なのか、十二支の順番を決めた方法を語る話では、なぜ猫が十二支にいないのかという理由が説明されています。

それによると、十二支の順番を決めるために神様が、元旦に神殿に早くたどり着いた動物のうち、先頭の 12匹を採用すると言ったのですが、猫はいつ集まったらいいのかを忘れてしまい、ネズミに日程を聞くことにしました。すると、ネズミに1月2日だと嘘を教えられてしまったのです。嘘をついた調子のいいネズミはうまいこと十二支の最初を確保し、猫は日程を間違えたことから、十二支にも入れなかったというわけです。それ以来、猫はネズミを追い回すようになった…とか。

十二支の歴史を知っていると、かなり近年になってから考えられた物語だということがわかりますが、結構、この話を知っている人が多いというのは、猫という存在が入っていないのを不思議に思っている人がそれだけ多いということなのかもしれません。

今年、卯年は「木」というだけでなく、もともとの十二支の意味から言っても「開発」という意味があるそうですので、今年は自分を新たに発展させていくことができる年。新たに何かを始めてみるといいかもしれません。