おみくじひきました?

年末年始は、何かと寺社仏閣へ行く機会が多いものです。そんなときの楽しみの一つと言えば、おみくじ。今回はそんなおみくじについて紹介したいと思います。

おみくじの起源ははっきりとわかってはいないようです。一説によると古代において、何か物事を決めるときに、神様にうかがいをたてていたのが、おみくじの起源だと言われています。ただ、この場合はクジを引いていたというよりも、甲羅や骨の割れ方などで判断していたわけですので、直接的なおみくじの起源とはちょっと違うような気がします。

現在の形のおみくじに近いものを考えたと言われているのが、以前にも紹介した元三大師(リンク1リンク2)です。姿を変えて疫病(えきびょう)や魔を祓(はら)ったと言われている、とても強いパワーの持ち主ですが、そんな元三大師が観音菩薩に祈念してさずかった観音籤(かんのんくじ)というものがあるそうです。

江戸時代に徳川家を支えたことで有名な天海僧正の夢枕に元三大師が現れ「長野県戸隠に観音籤が 100枚ある。これは人々の困難を救う為に観音菩薩からいただいたもので、これを使って吉凶を占うことで、願いに応じた託宣を貰えるだろう」というようなお告げがありました。天海僧正が早速戸隠に人を送って確かめてみると、確かに 100枚の偈文(げもん)が見つかったそうです。

偈文とは、仏の教えを漢詩のような形で短くまとめたもので、100枚の偈文をそれぞれ小さな籤にして、穴の開いた箱に収め、そこから引いた偈文の内容で吉凶を判断したとされています。大吉や凶といったストレートな形ではありませんが、確かにこちらのほうが現在のおみくじに近いような気がします。

ちなみに籤という言葉の語源にも諸説あって、串のような棒状のものを引くことが多いことから「くし」が「くじ」になったというもの、箱などに入ったものを引くことから、えぐって中の物を取り出すという意味の「くじる」が「くじ」になったというもの、籤とは神仏による審判であるので、裁判や審理などを意味する公事(くじ)が語源というものなどがあります。

現在のように、大吉や凶などといった形がいつ頃から登場したのかは定かではないのですが、日本全国にある寺社仏閣のおみくじのうちなんと約7割近くは、山口県にある女子道社という会社で作られているそうです。この会社は神社が大元になっているため、しっかりとご祈祷(きとう)をして、さらに手折りで一枚一枚おみくじを作っているのだそうです。

元三大師由来ならば、神社には関係無いはずのおみくじですが、おみくじを7割作っている女子道社が神社関連ということからもわかるように、神社でもおみくじは行われています。大元がなんであれ、古来から人々は自分の未来や運勢を知りたがっていたということなのでしょう。

最後におみくじを引くときのちょっとした豆知識を紹介しましょう。まず、おみくじの縁起の良い順番です。末吉と小吉どちらが縁起がいいのか? すぐにわかる人はなかなかいないのではないでしょうか? 答えは小吉のほうが縁起がいいのです。一般的におみくじの縁起の良い順番は次の通りとされています。

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

実際には縁起の悪い凶関連は少なくしている寺社仏閣なども多いそうです。ちなみに浅草寺は凶が出やすいと言われているのですが、それは浅草寺の方針で古来から同じおみくじを使っているため、吉と凶の割合は7対3ぐらいだからなのだそうです。

悪い運勢が出たらおみくじを樹に結ぶというのはよく知られていますが、実際はこちらも寺社仏閣によって作法が異なっているようです。吉だろうが凶だろうが持ち歩いて、お札のように後から修めるというもの、良くないおみくじは境内に結びつけ、良いおみくじは持ち帰るというもの。この二つが基本のようですが、良いおみくじも持ち帰って、後日境内に結びつけるという説もあります。

個人的には良い内容ならば持って帰り、おみくじの内容がしっかり理解できたら改めて境内に結び、悪い内容ならばその場で境内に結ぶというのが良いように思います。この「結ぶ」というのは、もともとは恋愛などの縁を結ぶに通じることから、恋愛関係だけで行われていたのだそうですが、現在では神様との縁を結ぶという意味に変わってきているそうです。

あまりにも身近な存在であるおみくじですが、こうやってみていくと色々とスピリチュアルな要素が含まれていることがわかります。みなさんも寺社仏閣を訪れたときには、ぜひおみくじを引いてみて下さい。