お正月の準備を始めましょう。

明後日、12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)。もともとは、旧暦の 12月13日に行われていたのですが、現在は新暦の同日となっているようです。

正月事始めとはその名の通り、お正月を迎えるための準備を始める日のこと。お正月の準備と言えば、大掃除! というイメージがあると思いますが、お寺や神社などでは煤(すす)払いといって、長い竹竿などで軒先や天井についた煤を払い落とすという行事が行われます。

現在では、竈(かまど)などがあるわけではないので煤払いといっても、常にロウソクがたかれているようなお寺など以外では、煤ではなく実質は埃を落とすことを、煤払いと言っているようです。

それから、お正月といえばつきものなのが門松。門松で使うための、松や竹を山に取りに行くのも、12月13日だったそうです。現在では、勝手に松や竹を取ってくるわけにもいかないので、さすがに山に入って、というのは難しいかもしれませんが、他にもお雑煮を作るための薪を取ったりと、昔は山へと入って、お正月のために使う木々を集めてくるのが決まりだったようです。

どうして、12月13日にそんなに大忙しでお正月の準備をしたのか? それは、平安時代から江戸時代ぐらいまで使われていた、宣命暦(せんみょうれき)という暦によると、12月13日が「鬼の日」という、吉日だったからなのだそうです。

「鬼の日」というと、なんだか怖いイメージがあるかもしれませんが、宣命暦によると、この日は婚礼以外は全ての物事を行うことが「吉」とされていることから、お正月の準備には最適だったのでしょう。

他の説としては、地元を離れて、遠く江戸などで働いていた奉公人が、新年を実家で迎えることができるようにと、実家まで歩いて帰るための日数などを考えて、年末より2週間早めの 13日から正月の準備を始めたというものもあります。

12月というと何かと忙しい時期ですので、ついついお正月の準備は後回しになってしまいがちですが、大掃除をして、家を清め、門松を立てることで、年神様をお迎えすることができます。来年を良い1年にするためにも、しっかりとお正月の準備をして、年神様に喜んでもらえるような状態にしておきたいものです。