ビギー・ネプテューン先生
≪ ビギー・ネプテューン先生 ≫

西洋占星術をはじめとして、タロット、ペンデュラム、オラクルカードなど多彩な技法を用いた鑑定を行いながら、バランガンメソッド において、西洋占星術の講師も務めているという、ネプテューン先生に西洋占星術について色々と聞いてきました。

── 先生は普段の鑑定ではどんな技法を使っているのでしょうか?

西洋占星術を基本としていますが、内容によってはオラクルカードやペンデュラムなども使います。相談者の状況に合った技法を選んでいます。

── なるほど。鑑定のときは、どういった相談が多いのでしょうか?

そうですね、やはり恋愛や不倫問題などについて相談してくる方が多いですね。

── 恋愛は確かに多そうですが、不倫というのはなかなかヘビーですね。

確かに不倫というと、あまり良いイメージは無いかもしれませんが、私はどんな内容でも否定せずに話を聞くようにしています。不倫だからといって、それを即否定してしまったら話は始まりません。

── 確かに否定からは何も生まれないと思います。

そうなんです。まずは相談者の話をしっかりと聞いて、お互いの信頼関係を作り上げることが大事なんです。もちろん、占いを使って道しるべは作るのですが、1回だけで運勢を変えるというのは難しいので、何度も通っていただいて信頼関係を築くことで、だんだんと運勢が好転していくんです。

── なんだか、カウンセラーのような感じですね。

そうです。私は、占いにはカウンセリング的な要素もあると思っています。

── 誰かに聞いて貰うだけでも心が休まることはあると思いますし、日本では、西洋に比べると、カウンセラーにかかるという文化が無いので、占いがその役割を果たすというのは良いことだと思います。ところで、西洋占星術が得意とする分野というのはどのようなものでしょうか?

基本的にオールマイティで使えますが、いくつかある候補から一つを選ぶという内容や、日時を決めるのに最適です。例えば、転職をしたいけれど、いつ面接をしたらいいか? という質問の場合には、その人に最適の日時を割り出すことができます。

── 日にちだけでなく時間までわかるというのはすごいですね。「いくつかある候補の中から一つを選ぶ」というのも詳しく教えてくれませんか?

こちらも転職を例にしましょう。ある人の転職先として、A社とB社という2つの候補があったとします。まずは相談者のホロスコープを作ってその人がどんな人なのかを把握した上で、A社とB社の情報と照らし合わせていきます。

── 相談者の情報だけでなく、希望する会社の情報も把握する必要があるのでしょうか?

もちろんです。例えば相談者が大勢の中にいるほうが能力を発揮できるタイプだったら、大きな会社に入った方が良いわけです。このように、その人によって向き不向きというものがありますので、それに合った所を見つけるために、会社の情報が必要なのです。

── なるほど、その人の持っている才能などに合わせて、最善の方向へと導いていくわけですね。

そうですね。運気というのは星の動きによってだいたいは決まっていて、どうしても変わらない部分というのはあるんです。例えば芸能人になりたい、という相談者が来たとしても、向き不向きがあるわけです。占いで誰でも芸能人にすることはできません。

── もしも、そういった自分に向いていない道を希望する人が来た場合はどうするのでしょう?

そういう場合は向いていないとはっきり言います。ただ、先ほども申しましたように基本的に否定はしませんので、芸能人になりたいという気持ちを尊重した上で、その人がどうしたら一番良い道を見つけられるかという方向に導いていきます。

── なるほど。占いによって願いを叶えようとしたらどのようなところに気をつけたら良いのでしょうか?

そうですね、占いで示された方向に向かってちゃんと行動することです。例えば結婚について「私は結婚できますか?」という質問をする人が多いのですが、占いによって、この時期ならば、結婚の星が来ているから結婚するチャンスがある、ということがわかっても、本人が結婚するための行動を起こさなければ、結局何も起こらないわけです。

── 本人が行動しなければなにも起こらないというのは納得ですね。西洋占星術というと難しいイメージがあったのですが、先生のお話を聞いていると、本当に当然のことの積み重ねなんですね。

西洋占星術は、ホロスコープを作ったり星の動きを見たり…と一見難しそうですが、実はそんなことはないんです。私は、西洋占星術の講師もしていますが、西洋占星術は手軽で楽しいものだということを教えています。

── 具体的にはどのようなことなのでしょう?

先ほども申し上げましたが西洋占星術というと難しいというイメージがありますが、実はもっと手軽に楽しむことができるんです。賛否はありますが血液型占いというのがありますよね? あれはA・B・O・AB の4種類にわけてその人の性格を判断するというもので、とても簡単なので多くの人が手軽に楽しんでいます。同じように西洋占星術も4つのタイプに分けて鑑定することが可能なんです。

── たった4つのタイプでいいんですか? 星の動きとか、角度などが必要なのでは?

もちろん、詳細な占いの場合はそういったものも必要になりますが、自分や家族を占う場合には4つのタイプを覚えるだけで十分です。

── それはすごいですね。その4つのタイプというのはどのようなものなのでしょうか?

12星座を「地・水・火・風」を4つの元素にわけて考えていきます。12星座はみなさんなじみが深いと思いますし、それを4つにわけることで、ややこしい理論など無しで、その人がどういう性格なのかを知ることができます。

── なるほど! そういう風に考えると西洋占星術も簡単に学ぶことができますね。本日はいろいろと興味深いお話をありがとうございました。最後に、先生に占いをしてもらう場合に注意した方が良い点などがあったら教えて下さい。

一番大事なこととして、隠しごとをしないで欲しいと思います。自分のそのままを出して欲しいですね。悪い部分を隠してしまうのでなく、全てを正直に出してもらうことで、よりしっかりとした答えを導くことができます。それから、質問をするときに感情的にならずに、客観的になって質問を考えて欲しいです。メールで質問をする場合は、質問内容を書き上げてからすぐに送るのではなく、一晩おいて見直してから送ってもらえると助かります。

また、先ほども申し上げたように、質問は漠然としたものでなく、2つや3つのことを選択するような形で限定してくれたほうがしっかりと答えを出すことができます。人間関係などの場合は、相手の情報も必要となりますので、占って欲しい相手がいる場合は、その人の生年月日とできれば生まれた時間と場所までわかるとベストです。

なぜ、最後にネプテューン先生に占ってもらう場合の注意方法を聞いたのか? それは、COCORiLA 読者の方に、先生の無料占いをプレゼントすることが決定したからです! 占って欲しい方は、上記の内容と記事を良く読んで、占いの質問を考えてみて下さい。

今回は、抽選で1名の方にメールにて鑑定を行ってもらいます。鑑定して欲しい内容は自由ですので、何か悩みを抱えている人はこの機会に、先生に占ってもらってスッキリしましょう!