第7回プチアンケート結果発表

犬と猫というのは、ペットの代表格と言っても良い動物たちですが、それだけに犬派、猫派のどちらが多いのかというのは、なかなか予想が難しいところです。はたして、アンケートの結果はどうなったのでしょうか?

王道の対決は、ご覧の通り僅差で猫が上回ったものの、ほぼ同等といった感じ。プチアンケートは今回で7回目となりますが、ここまで接戦だったのは初めてです。いかに、犬、猫共に多くの人に愛されているのかということがわかりました。

それでは、さっそくそれぞれの動物を支持した理由を見ていきたいと思います。

「猫派」

  • あの丸みのあるフォルムが愛らしいです。
  • もふもふ、まるまるしていると可愛い、爪や牙をむくと強い、そのギャップが好きです♪
  • 猫を飼ってみたら、行動の一つ一つが実にかわいい!!一日見ていてもあきませんvv
  • 犬のように散歩につれていかなくていいから。
  • ほどよい距離感を保ちつつ、甘え上手で散歩もいらないし、あの肉球がたまりません。
  • 散歩がいらない、よだれが垂れない、まとわりつきすぎない、肉球が好き。
  • 犬も可愛いけど常に動きが忙しい感じなのがちょっと…猫はのんびりしてるけど遊ぶ時は野生の本能丸出しだったり。マイペースでいい。
  • いつもマイペースだから。自立しているから。声掛けすると言葉をしゃべるように答えてくれるから。書くと切がないです。とにかく猫が大好きです!
  • 気まぐれなところ。犬派、猫派は「自分のタイプと逆のタイプ」を好む傾向があると聞いたことがあります。確かに私の性格はどっちかというと犬っぽいかも(^^;
  • きままなところ、しなやかな体、一緒にいると癒されます(^^♪

圧倒的に多かった意見として「散歩に連れて行かなくて良い」というものがありました。確かに犬というと、散歩をさせなければいけないイメージがあります。その一方で、猫は家の中にいたり、自分で勝手にどっかに行ってきたりと気ままな感じがありますので、散歩の手間が省けて良いというのは納得です。

気ままでマイペースなところが好き、という意見も多く見ることができました。猫のマイペースなところから、癒しを得ているという人もいましたし、単純に癒されるという意見もありました。

面白かったのは、自分のタイプと逆のタイプのペットを選ぶというもの。人間関係などの場合でも、自分に無いものを持っている人に惹かれるというのは、よく聞きますが、ペットの場合にもそれはあてはまるのかもしれません。

「犬派」

  • 散歩やアジリティーなどで一緒に身体を動かしたい
  • 一緒に散歩に行けるから
  • 一緒にいると楽しい。一緒に遊べる。
  • 犬のほうが健気で忠実、意志の疎通がしやすい気がします。猫と暮らしたことがないので、犬派ですが猫もきっと気持ちが通じあえるのでしょうね。
  • しつけや芸を教えると、よく覚えてくれるし、人の感情を察する所があり優しいので好きです。
  • 感情がまっすぐでピュアな感じがするから、元気になれるし癒される
  • 素直でかわいい 自分もそうなれたらなーなんて思ってしまう・・・
  • 犬とイルカは友達になってくれそうな気がします。それに瞳が人間の瞳と変わらないので。
  • よく似ているからか、仲良くなりやすいです(*´`*)
  • 弱っている家族に自然と寄り添ってくれるやさしさがあるから。

面白いことに、猫派の人が散歩が無いことをメリットにしていたのに対して、犬派の人は一緒に散歩したり遊べたりするのが良いという意見が多くありました。確かに、これに関しては、ペットとどのように触れ合いたいか、という飼い主の好みで別れるのかもしれません。

また、猫は「マイペースで気まま」なところが魅力でしたが、犬は「忠実で意思の疎通が図れる」ところが魅力のようです。こうして見ていくと、犬と猫というのはどちらも多くの人から愛されながらも、見事なほどに反対の性質を持っているように思えます。

自分と同じタイプだから仲良くなれるという意見まで、猫派の人と反対だったのはとても不思議で興味深いものでした。

犬派猫派で共通していた点としては、しぐさや外見で癒されるというもの、それから今飼っているペットが犬、もしくは猫で、縁があったからそちらのほうが好き、というものもありました。犬も猫も、家族の一員として私たちを癒してくれているペットの代表格ですが、こんな風に多くの人の意見を聞いてみると、いろいろな視点からペットについての考え方を知ることができて意外な発見もあったのではないでしょうか?

さて、それでは今回のお題。

「生まれ変わるなら男? それとも女?」です。

COCORiLA 読者の方は、女性の比率が高いのですが、みなさんは来世でも女性を選ぶのでしょうか? それとも男性? もちろん男性の方も参加してくださいね。

アンケートの期限は1週間。2010年12月12日(日)までとなります。