クリアサイト・ジャパン講師 寺田 昌代さん
≪ クリアサイト・ジャパン講師 寺田 昌代さん ≫

今回は、以前に紹介 したこともあるプロのヒーラーを養成する『エナジェティックメディスン・スクール』で講師を務めている、寺田昌代さんによる『ヒーリングの個人セッション』を受けてきました。ヒーリングの個人セッションとはどのような形で進んでいくのでしょうか?

寺田さんの個人セッションは 60分と 90分のコースがあるのですが、今回は 60分のコースでお願いしました。遠隔ヒーリングで自分以外の人を癒してもらったりする場合などは 90分コースを選んだ方が良いということですが、基本的には 60分のコースを選べば OK のようです。

今回、セッションを受けた場所は、COCORiLA 読者にはすでにお馴染みの レバナ先生のスクール などが行われているJMA・アソシエイツ 渋谷会場。元々スクールが行われている場所ですので、スペース自体は広いのですが、その一部分を白いスクリーンで区切ってセッションのスペースが作られています。

寺田さんはとても気さくな感じの方でした。ほんわりとした優しい感じではなく、どちらかというと「頼れるヒーラー!」といった印象です。まず最初に、どんな問題についてヒーリングをしてもらうかを決めます。ここで行われるヒーリングは、寺田さんがスクールで教えているものと同じで、必ずしも肉体的な問題だけでなく、さまざまな問題を癒すことができるというもの。今回は筆者が腰を痛めているということもあり「腰のヒーリング」をお願いしました。

ヒーリングを行う前に、どうして腰が痛いのか? などといった原因を調べるために、筆者のエネルギー状態を透視する「リーディング」が行われます。リーディングはお互いに椅子に座った状態で行われるのですが、寺田さんは目を閉じて、瞑想状態のような感じになってエネルギーを見てくれます。

腰をヒーリングするために、エネルギーを見てもらうわけですが、それ以外にも気になったことや見えた内容等を寺田さんが教えてくれます。例えば、筆者は胃腸が弱いのですが、胃腸のエネルギーが希薄だと言われました。腰のことだけしか伝えていないのに、胃腸が弱いのを指摘されたのにはびっくり! ちなみに、胃腸を強くするとやりたいことができるようになるということなので、少しは胃腸をいたわるような食生活を心がけたいと思ったりしました。

他にも、何も伝えていないにも関わらず、ずばりと当たったことがいくつもありました。筆者はパンが大好物で、ご飯は食べなくてもパンは食べないとダメ、というタイプなのですが、炭水化物を多く取りすぎているために、エネルギーがふわっとしているという指摘を受けました。

このように寺田さんが気づいた点について教えてくれながらも、本題の腰についてのリーディングが行われていきます。まず、筆者の腰のエネルギーは圧迫されているような感じで、チリチリするエネルギーがあるとのことでした。さらに、腰痛の原因は重い物を持ったりしたのではなく、座っているときの、自分自身の重さのせいだというのです。どうやら、筆者は座っているときに、背中や腰に負担をかける座り方をしているようです。

実際に筆者が腰を痛めたのも、重い物を持ったときではなく、ずっと中腰でいたりしていて、疲労が蓄積した末のことだったので、このあたりをしっかりと見抜いてくるあたり、まるで、人間レントゲンだと感心してしまいました。

単にエネルギーの状態などをみるだけでなく、それを解消するためにはどうしたらいいのかも教えてもらえます。筆者の場合は疲れてくると背中が硬直してしまい、そこから腰に負担がかかっているので、しっかりと運動をして筋肉をつけ、なおかつ柔軟を行うと良いということでした。

リーディングが終わると、いよいよヒーリングが始まります。寺田さんの行うヒーリングは、「フル・ヒーリング」といって、オーラと7つのチャクラ、そして手と足のエネルギーの経路と、そのチャクラを全てクリアにしていくというもの。

ヒーリングが始まると、筆者は座ったままの状態ですが、寺田さんは立ち上がって両手を使ってオーラやチャクラをクリアにしていきます。まず最初にオーラの中にある余計なものを取り去って、整えていくのですが、筆者の周りにある、目には見えないオーラを寺田さんが手で触って、そこから余計なものを取り去っていきます。

寺田さんの動きを見ていると、自分のオーラは「これぐらいの幅で、こんな感じで広がっているのかぁ」というのが、なんとなく実感できます。体には一切触れないのですが、オーラを整えている時は、なんとなくほんわりとした不思議な感じを受けました。

その後、頭頂のチャクラである第7チャクラ、額の第6チャクラというように順番にエネルギーをクリアにしてもらいます。寺田さんがチャクラに手をかざすと、場所によってはむずむずした感じがしたり、暖かい感じがしたりと、ヒーリングをしてもらっているということを実感することができます。

ヒーリングの最中はエネルギーをクリアにすることがメインなので、リーディングのときのように情報をいろいろともらうのではなく、世間話のようなものをしながらヒーリングをしてもらいます。床屋さんでカットしてもらっているときをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

全てのヒーリングの行程が終わると、セッションは終了となります。ヒーリングが終わった時は、なんだかお風呂から上がったような、さっぱりと軽くなった感じがしました。肝心の腰についても、なんとなく軽くなったような感じがして、事実、セッションを受けた日は、腰も体もとても軽く過ごすことができました。

寺田さんのセッションは今回紹介したように、まず最初にリーディングを行い、その内容を元にヒーリングをしていくというものです。人によってはリーディングを行ったときに寺田さんが指摘した内容を聞くことで、エネルギーが変化したり、感情が解放されて泣いてしまう人もいるそうです。

筆者は感情的な問題でなく、フィジカルな問題でセッションをお願いしていたので、感情的な変化はありませんでしたが、セッションが終わってみるとエネルギーが変化したのを、確かに実感することができました。リーディングによって、エネルギーを分析して解放し、ヒーリングによって、そのエネルギーを浄化して整えるという寺田さんの個人セッション。

ヒーリングというと、肉体的な問題が無ければダメ、というイメージがあるかもしれませんが、エネルギーによるアプローチによって、なんでもクリアにしてもらい、軽くしてもらえるものなのだということが、体験してみることではっきりとわかりました。

感情的なもやもやを抱えている人、エネルギーに敏感で悪いエネルギーを受けやすい人、そしてもちろん肉体的な不調を抱えている人、寺田さんのセッションはどんな人にもオススメのできるオールマイティーなものですので、気になったら是非一度受けてみて下さい。

最後に、そんな寺田さんからの動画メッセージがありますので、そちらも併せて紹介したいと思います。ヒーリングとはどんなものなのか? をわかりやすくおしえてくれます。