絵馬の起源

神社やお寺に行くと必ずといっていいほど目にとまる絵馬。多くの人が願いを込めている絵馬ですが、もともとはどういうものだったのでしょうか?

今では木の札になり、さまざまな動物やシンボルが描かれている絵馬ですが、その名前の通り、もともとは馬の絵が描かれていました。なぜ、馬の絵だったのかというと、お祭りや祈願の時に神馬(じんめ)を奉納していたからなのです。

この神馬とは、生きた馬のことで、雨を望むときには黒い馬を、逆に雨を止める時には白い馬を捧げたりと、状況によってさまざまな決まりがあったようです。そもそも、馬は神様の乗り物と考えられていて、神様は馬に乗って地上へ降りてくるとされていました。

こういったことから、いつしか馬自体にも霊力があると考えられるようになりました。現在でも、いくつかの神社では馬を飼っていたり、昔馬を飼っていた場所が残っているのはその名残なのです。

基本的には生きた馬を奉納していたわけですが、毎回のように馬を奉納していると金銭的にも大変ですし、馬を管理する神社側もどんどん手間が増えてしまうということもあり、いつしか板に馬の絵を描いたものが奉納されるようになりました。これが絵馬の起源だといわれています。

板に馬の絵を描いたものの前にも、土器の馬や木彫りの馬が奉納されていたようですが、結局は一番手軽な方法に落ち着いたようです。生きた馬を奉納するということで、村や集落全体の行事や、かなり有力者でなければ行えなかった祈願が、絵馬ができることによって、個人でも簡単に行えるようになりました。

絵馬が登場したのは平安時代頃からと言われていますが、その頃にはすでに個人での祈願が行われていたようで、さまざまな人が、さまざまな祈願をするにつれ、描かれている題材も馬だけでなく、さまざまなものへと変わっていきました。

現在ではその年の干支が描かれた絵馬がポピュラーですが、他にも狐や狼など、その神社の神使が描かれたものや、眼病予防に「め」の字が書かれたもの、浮気予防の絵馬などというものまであるようです。

ここまで読んできて、あれ? と思った人がいるかもしれません。今まで紹介してきたように、絵馬とは神社が発祥なのです。しかし、現在ではお寺にも絵馬があります。それはなぜかというと、絵馬が一般的に広まった平安時代に、真言密教の開祖として有名な空海が「観音様は現世に現れる時に馬に乗った姿をしている」と言ったから、という説があります。

空海については、全国各地でさまざまな伝説を残していますので、はたして本当に空海がそのようなことを言ったのかは定かではありませんが、個人が祈願するためのアイテムである絵馬を仏教がうまく取り込んだのは間違いないでしょう。

自分の願いをはっきりと字にして宣言するというのは、願望達成法としては有効な手段です。平安の昔から絵馬がずっと残っているというのは、その効果を人々が心の底で実感しているからなのかもしれません。

来年の初詣では、絵馬なんて…と馬鹿にせずに、ぜひ、新しい年への思いを込めて自分の決意や願望を書いてみるのはいかがでしょうか? 新年まで待てない! という気が早い方には、本日のプレゼントがオススメです。

本日のプレゼントは、大人気の日本の神様カードに登場したモチーフがちりばめられた「日本の神様綴り帳」。この綴り帳にさまざまな決意や願望を書いてみましょう。著者である大野百合子さんのサインも入っている特別な1冊は、絵馬にも負けないだけのパワーがあるかもしれませんよ?