感情と香り

よい香りのするエッセンシャルオイルによってリラックスがもたらされるというのは、広く知られていますが、なぜ香りはそのような心理的効果をもたらすのでしょうか?

香り=臭いを受け取るのは、人間の5感の中で嗅覚と呼ばれる部分です。嗅覚以外の感覚、視覚、味覚、触覚、聴覚が刺激を受けると、その刺激はまず視床下部を経由して、大脳皮質のそれぞれの感覚に対応した領域へと伝わり、最後に大脳辺縁系に届きます。しかし、嗅覚だけは、直接大脳辺縁系へと伝わるのです。

大脳皮質とは、知性を司ると言われている脳の部分で、新しい脳などとも呼ばれています。一方、大脳辺縁系は本能を司る古い脳と呼ばれています。つまり、嗅覚だけは、新しい脳を経由していないので、理性的な分析などを経由することなく、ダイレクトに本能の部分に影響を与えるということになります。

大脳辺縁系には、海馬や扁桃といった部分がありますが、このあたりは記憶や感情といった機能を司っているとされており、嗅覚はそこをダイレクトに刺激することができるというわけです。なにかの匂いを嗅いだときに、ふっと昔の記憶などが思い浮かんだことはないでしょうか? それは、この大脳辺縁系が嗅覚によって刺激されたことで、記憶が呼び覚まされたのです。

この匂いによって記憶が呼び起こされる経験のことを、フランスの文豪マルセル・プルーストの名前にちなんで「プルースト効果」と呼んでいます。なぜ科学者ではなく、文豪の名前がついたのかというと、プルーストが書いた『失われた時を求めて』という作品の中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸したときに嗅いだ香りによって、幼い頃を思い出すという描写があるからなのだそうです。

誰でも一度は経験したことがあるであろう「プルースト効果」が科学的に解明されているように、現代ではさまざまな実験から嗅覚が大脳辺縁系に作用していることが判明していますが、そんな知識の無い遙か昔から、人々は香水やお香を活用してきました。

平安時代の貴族達は、自分の服や持ち物などに、自分で調合したオリジナルの香りを染み込ませて、香りを自分の象徴としていましたし、戦国武将はお香の香りによって高ぶる気持ちを抑えたり、逆に自分を奮い立たせたりしていました。

ストレスの多い現代を乗り切るためにも、ダイレクトに本能の部分へとアクセスし、癒してくれる「香り」を生活に取り入れるのはとても重要なことかもしれません。

感情といえば、本日のプレゼントはリズ・ブルボーさんによる特別イブニングセミナー『本当のあなたでいることを妨げる感情の傷を発見しよう』への招待券。リズ・ブルボーさん は以前にも紹介しましたが、食べ物や質問チャートを通して、自分でも把握していなかった自分のことがわかるようになるというワークを教えてくれる方です。

今回プレゼントの対象となっているセミナーでは、どの種類の感情の傷が、小さい頃から自分に影響を与えてきたのかを見分ける方法、そして、どのようにしたらその傷から自由になれるかを知ることができる、ということですので、自分自身をより深く知り、そして感情の傷から解放されたいと思っている方は、ぜひ参加してみてください。