塩椎神(しおつちのかみ)

前回 は、日本最古の塩について紹介しましたが、今回はその塩の作り方を伝えたと言われている「塩椎神」について紹介したいと思います。

塩椎神(しおつちのかみ)は別名、塩土老翁(しおつちのおじ)。名前からもわかるとおり、おじいさんの姿をした神様だとされています。

塩椎もしくは塩土とは、「潮つ霊」であると言われています。文字通り、潮の流れを司る海の神様というわけです。海幸彦と山幸彦という兄弟が出てくる神話があるのですが、その中で、兄の釣り針を無くしてしまった山幸彦に、海神の宮へ行けば解決方法が見つかる、という重要なアドバイスをする役割として塩椎神が登場します。これは塩椎神が海の神様であるだけでなく、知恵をもち、さらには海に関する導きを与える存在であることを示しているのでしょう。

日本書紀に書かれている神武東征にも塩椎神は関係しています。塩椎神が東に良い土地があると言ったので、神武天皇は東征を決意したとされているのです。この話からは、塩椎神が単なる海の神ではなく、未知の場所に関する知識を持ち、そこへと導く力を持っていることがわかります。

このように、いろいろな神話に登場する塩椎神ですが、人間に塩の製法を教えた伝説が、塩椎神を祀る神社の中でも総本社である鹽竈神社(しおがまじんじゃ)に伝えられています。それによると、例によって塩椎神は二柱の神様を導きます。この時に導かれた神様は武甕槌神(たけみかづちのかみ)と経津主神(ふつぬしのかみ)。雷と刀が神格化された、ともにものすごい武力を持つパワフルな神様です。

この二柱の神様を塩椎神が導いて、諸国を平定していきます。そうして、最後にたどり着いた場所が宮城県塩竃市にある鹽竈神社だったのです。平定を終えた二柱の神様はすぐに高天原に戻りましたが、なぜか塩椎神はそのままとどまって、人間に漁業や塩の製造法を教えたのだそうです。ちなみに一説によると塩椎神は塩竃に来るのにシャチ(!)に乗ってきたとされています。

神武天皇や、二柱の最強の武神を導くなど、塩椎神は海の神様であるとともに、導きを与える存在、そして塩の作り方を教える知識を持つだけでなく、呪術や予言の力もあるとされていて、今でも全国の塩釜神社で祀られています。

そんな深い知識をもった塩椎神が伝えた製法で作られた塩だからこそ、日本古来の製法で作られた塩には海や自然の偉大なパワーが込められていて、浄化の儀式などにも多く使われることになったのではないでしょうか。