足湯の力

秋というと温泉に行きたくなる季節です。1年前の 10月にも 温泉に関する記事 を書きましたが、今回は、より気軽に楽しめる足湯について紹介したいと思います。

最近では、列車の駅や、道の駅、高速道路のサービスエリアなどにも足湯を併設する場所が増えてきました。気軽に温泉気分を味わえる足湯ですが、健康のためにもかなり役立つというのをご存じでしょうか?

足湯はその名の通り、足だけを温泉やお湯につけるというもの。足は身体の中で最も心臓から遠く、そのために血流が滞りがちです。足先がむくんだりするというのは、足に十分に血が巡っていないために、老廃物が溜まってしまっているせいなのです。

また、足先が冷えることで、血管が収縮してしまいます。すると、そこに血液を流すために心臓の負担が大きくなります。それによって、全身に循環する血液量が減少し、さらには足全体の血流が低下することで、腹部にある内臓の血液の流れまでが、悪くなってしまうのです。

足が冷たくなるだけで、最終的には内臓にまで被害が及んでしまうというのはちょっとびっくりですが、昔の人はそれを経験的に知っていたのか「頭寒足熱」という言葉が現在でも残っています。このように足を温めることはとても大事なのです。

足湯に入ることで、足先が暖まり、血管が拡張され下半身や内臓の血液の流れが正常に戻ります。ある実験によると足湯を行った後の血液状態を調べてみると、免疫力を向上させる結果が出たという話もあります。

まさに良いことずくめといった足湯ですが、他にも肝臓の働きを活性化させる効果があることも知られています。なぜ、足先を暖めることで肝臓が? と思うかも知れませんが、人間の体温を発生させている臓器のうち、最も熱を発生させているのが肝臓なのです。

肝臓は自分自身で熱を発生させるだけでなく、筋肉が熱を発生させるためのエネルギー源も供給していますので、熱を発生させるために大活躍しています。足湯に入ることで、足先から熱を補充すると、その分、肝臓は熱を発生させる必要が無くなり、余ったエネルギーを他のことに使うことができます。

肝臓の機能というと体内の老廃物などの解毒が有名ですが、他にも免疫細胞へのエネルギー供給、タンパク質の合成、脂肪などの栄養素の分解なども行っています。つまり、肝臓に余力を与えることで、毒素が排出され、免疫力が高まり、痩せやすくなるということになります。

冬に向かって、風邪の予防になるのはもちろん。年末年始の宴会で肝臓を酷使しそうな人は、今のうちに、足湯を使って肝臓をいたわってあげて下さい。