第4回プチアンケート結果発表

首都圏では、ようやく本格的に「秋」という感じの温度になってきました。これから冬に向けて、どんどんと寒くなっていきます。猛暑が過ぎ去り寒さがやってきますが、はたして、暑いのと寒いのではどちらの方が、より多くの人に好まれているのでしょうか?

結果は寒い方が好きな人が全体の6割を占めました。ということで、寒い方が多くの人に好まれているようです。とは言え、圧倒的大差というわけでもありませんので、どちらかといえば寒い方が好きな人が多い、といった程度でしょうか?

「寒い方が好き!」

  • 空気が澄んでいて呼吸が楽だから
  • 空気がピシッとしていることと、家のぬくもりが実感できるから!
  • 寒ければ服などを着ればいいので。暑くても裸になってしまえばもう何も脱げないので。
  • 重ね着、暖房、カイロでしのげますので。
  • 可愛い服が着られる (夏服もかわいいけど冬のほうがよりおしゃれできる感じ)
  • 重ね着ができてお洒落をたのしめるからです。
  • コートやブーツなどオシャレの幅が広がる季節だからです。
  • 夏の暑さが去っていくと、人々が冷静になっていくように感じるから。毎年、いつも寒い季節にうつる頃、外の景色を見ながら「また、ひとが冷静になる季節がやってきた」と独り言をつぶやいています。
  • 身が引き締まるから。暑いと動く気がしなくなるけど、寒い時は動かないといけない気分になる。そして、虫が出ない!

冬を選ぶ理由として、夏よりもオシャレな服装ができるから、という意見がとてもたくさんありました。確かに、夏に比べると冬の方がインナーだけでなく、コートやブーツなどいろいろなコーディネートを楽しめると思います。ファッションというよりも、もっとシンプルに、暑さには対処が難しくても、寒い場合は重ね着をすればオーケーという意見も多く見られました。

また、冬の空気が好きという人も結構いました。冬の空気で身が引き締まったり、冷静になったりするというのは、なんとなく身体感覚でわかるような気がします。暑いと動く気がしないけれども、寒い時は動かないといけない気がするという意見は、変温動物のようですが、言いたいことはとてもよく伝わってきました。

「暑い方が好き!」

  • 寒がりだから。
  • 冬は冷えるから。でも今年みたいな猛暑はちょっと行きすぎですよね~。
  • 寒いと体が動きません(汗)
  • 寒いのがとにかくだめなんです。肌が痛いし(寒冷じんましんが出たり)、おなかの調子が崩れるし…。暑さはまだ耐えられます!
  • Tシャツ、素足、ノーメイクでどこへでも行けるので、開放感と気軽さがあるから
  • 活動的、楽天的になれるから。
  • 情熱的だから
  • 暑くても、汗をかけばすっきりするのと、身体がのびのびします。
  • ビールが美味しいからです!労働のあとぷはぁって飲むと最高です。

夏を選ぶ理由として圧倒的に多いのはやはり、寒い、冷たいのが苦手というものでした。寒い方が好きな人からは、暑いのが苦手という意見はそれほど無かったので、この対比はなかなか興味深いものがあります。

冬と正反対の意見としては、気軽なファッションで出かけられるから開放感がある、というものがありました。確かに、これは夏ならではかもしれません。また、夏の方が活動的になれるという意見もあります。積極的に動けるかどうかというのは、やはりその人がどの季節、もしくは温度が好みかというところによってくるのかもしれません。

ビールが美味しいから夏が好きという意見は、お酒を飲む人によっては、非常にストレートでわかりやすいものです。筆者は寒い方が好きですが、ビールを美味しく飲むならば夏! というのは理解できます。

今回は、スピリチュアルな内容から離れて、身近な内容でしたが、みなさんのいろいろな意見が聞けて、とても有意義なプチアンケートとなりました。たまにはスピリチュアルな話題でなく、こういった日常の内容も入れていきたいと思いますので、何か聞いてみたいと思う人は、どんどんご意見を投稿してください。

さて、それでは今回のお題。

「パワーストーンに興味ある?」です。

手軽に手に入る水晶や、金運アップの効果があるというタイガーアイ、婚約指輪の定番のダイヤモンドなど、安価なものから高価なものまで、さまざまなパワーストーンがあります。ちなみに、本日のプレゼントは「モルガナイトとユーダイアライトのセット」。この二つのパワーストーンは心の傷を取り除き、そこを無条件の愛で満たしてくれる力を持っているそうです。

このようにさまざまな力を秘めているといわれているパワーストーン、みなさんは興味があるでしょうか? 興味がある方は一番好きなパワーストーンもコメントと一緒に教えてもらえると嬉しいです。

アンケートの期限は1週間。2010年10月17日(日)までとなります。