勝負に「カツ」丼!
≪ 勝負に「カツ」丼! ≫

運気をアップさせたい! という人は多いと思います。そのためにはパワースポットへ行ったり、パワーストーンを身に着けたりと、さまざまな方法があります。今回はそんな運気に関する内容を紹介したいと思います。

日本では「げんを担ぐ」という言葉があります。これは、以前に良い結果が出たときと同じことをして、そのときと同じ吉を呼び込む=運気をアップさせるということですが、実際には、語呂合わせなどを含めて、縁起の良いこと、運気を上げること全てが「げんを担ぐ」というように使われているようです。人によって、さまざまなげん担ぎがありますが、有名なものをいくつか見ていきましょう。

茶柱が立ったらラッキーなことが起こる、というのは日本人なら誰でも知っているげん担ぎ。試験や勝負の前に「カツ丼」を食べるというのも有名です。これは「カツ」と「勝つ」をかけたげん担ぎです。

このように食品とかけたものは色々とあって、以前に紹介したように受験の時期がせまってくると、さまざまなげん担ぎのお菓子が登場します。

日本のげん担ぎと似たようなものとして、西洋では「ジンクス」があります。ジンクスは本来、縁起の悪いものを意味しているのですが、日本ではどちらかというと、げん担ぎと同じように縁起の良いものとしてジンクスを捉えているようです。

有名なジンクスとして、ヨーロッパでは黒猫が前を横切ると、これから行く先で悪いことが起きるというものがあります。ちなみに、黒猫以外の猫が後をついてくるとラッキーなことが起こるのだそうです。

国によっても、さまざまなジンクスがあります。ドイツでは右の掌がかゆい時はお金が入ってきて、左の掌がかゆいとお金が出ていくというものがあるそうです。また、幸せを呼ぶアイテムとして有名な「兎の足」はもともと、ネイティブアメリカンの人々に伝わっていたジンクスです。

このように世界中にはさまざまな運気に関した言い伝えなどがありますが、本日のプレゼントは、その運気をアップさせることができるという「穴口恵子さんによる POWER UP LIVE トーク&チャネリングイブニングセミナー」です。90分間のこのセミナーは、参加することで、自分自身の幸運を引き寄せる力を身につけることができるという、とてもパワフルなものです。

このセミナーでは、穴口さんが、その時その場所の流れを読むことで、参加者が宇宙からの愛と、豊かさのエネルギーに触れられるようにしてくれるので、とてもリラックスした状態で、自分の人生の流れを感じることができるのだそうです。

自分の人生の流れを感じることができることによって、直感力が高まったり、自分の運気を妨げているものを理解し、それ取り除くことができるようになるわけです。そうすれば、自然と運気がアップします。それだけではなく、その月の最高最善の流れを学べたり、疑問や問題に対しては、チャネリング状態の穴口さんが答えてくれたりと、90分の中にさまざまなエッセンスが詰まっています。

「なんとなく運が悪いな…」「ここのところ、なんだかパッとしないな…」そう思っている方は、ぜひ本日のプレゼントに応募してみてください。見事当選すれば、運気アップへの道がひらかれたということかもしれませんよ?