誰でも石のパワーを活用できる [2010/09/13]
Heavenly Crystal のクリスタルセラピー講座について聞いてきました

特殊な能力がない人でも、石のすばらしいエネルギーを活用して心や身体の健康に生かせるというクリスタルセラピー講座があるというので、開催している Heavenly Crystal さんにその秘密を聞いてきました。

── 今回、東京と大阪でクリスタルセラピー基礎講座が開催されるということですが、この講座ではどのようなことが学べるのでしょうか?

まず最初に、徹底してヒーリングの基本を教えます。実際に石を手にする前に、リーディングの仕方と、ヒーリング理論、自己のプロテクティングを習得してもらいます。

クリスタルセラピーでは、クライアントのエネルギーをリーディングして、診断結果に基づいて、使う石とフォーメーションをそのつど考えます。1回1回リーディングに基づいてセッションを組み立てる必要があるので、リーディングができないと、実質、クリスタルセラピーはできないと言えます。リーディングはお医者様で言う診断または検査にあたるので、ここが間違っているとどのようなセッションを行えば良いのか、判断がつかないからです。要するにクリスタルセラピーはリーディング命なのです。

このような理由で基礎講座では徹底してリーディングの基本を身に付けます。

── なるほど、確かにクライアントさんごとにフォーメーションを変えるとなるとリーディングは必須ですね。

その通りです。ただし、リーディングができても、理論的なバックグラウンドが無いと、リーディング結果をどう活かすべきかの判断がつきませんので、基礎では、チャクラと感情や肉体の関係を学び、クライアントのおかれている心や身体の状態が、どのようなエネルギーの不備から生じているのかを判断できるようにします。

ニュアンス的には、鍼灸に似ているかもしれませんが、クリスタルセラピーの場合は肉体の不調だけでなくメンタルやスピリチュアルな不調も扱います。

── 理論とリーディングの内容がしっかりと融合しているというのは心強いですね。プロテクティングというのは何をするのでしょうか?

生徒さんにはアロマやレイキなどのセラピストをされている方も多くいるのですが、そういった方々の多くが「クライアントから良くないエネルギーをもらう」という問題に悩まれているのです。そういった相談を受けるうちに、セラピストの健康を守り、息の長いセラピストとなっていただくために、自分の身をエネルギー的に守る方法を教えるようになりました。これがプロテクティングです。

実際優秀な技術を身に付けながらも、クライアントさんのマイナスエネルギーを受けて不定愁訴からセッションが続けられなくなるという、セラピストやヒーラーも多くいますので、そのようなリスクにも対処できるセラピストを育成したく思います。

── ネガティブなエネルギーを受けないようにするというのは、セラピストとしてはとても重要ですね。全体的にとてもしっかりとした講座だという印象を受けます。ところで、リーディングの方法としてペンジュラムを使っているそうですが、ペンジュラムを使うことの利点などについて教えて下さい。

初心者も含むすべての方が正しくリーディングできるようにペンジュラムを使います。またペンジュラムのリーディングに関しては、必ず答え合わせをして、正答率 100%を目指します。リーディングは正しくできてこそ意味がありますので、主観を廃し、客観的な判定基準をもたらすものとしてペンジュラムを用います。

── 正答率 100%を目指すのはすごいですね。リーディングの正確性を重視するというのがよくわかります。今回の基礎講座を修了するとどれぐらいのセラピーができるようになるのでしょうか?

アロマやレイキと組み合わせて、チャクラストーンを置くぐらいでしたら基礎終了で大丈夫です。初級で使う石の数は 20個くらいです。石を 30~50個使う本格的なクリスタルセラピーでは中級終了でできるようになります。

── 自分のヒーリングに取り入れるぐらいならば基礎講座で OK で、それ以上を目指すとなると中級以上が必要という感じでしょうか?

開業希望の方はいろいろなタイプがありますので、その方が何を目指しているかによって必要なレベルは変わりますが、一般的には中級まで習われて開業される方が多いです。30~50個の石を扱うには技術と慣れが必要ですので、中級まで習われても最初は 20個の石で始められる方が多いですね。基礎講座終了で開業される方は、アロマなど他の施術の兼業の方が多いです。

── 石の数を増やしていくにはどのようにすれば良いのでしょうか?

みなさん、実際に経験を積んでいくことで、石を増やされます。何事もそうですが、習ってすぐに全てが完璧に出来る方はあまりいません。卒業後は勉強会などもありますので、そういった機会に実際に場数を踏んで習得されます。もちろん開業されてからも日々研鑽の毎日の中で腕を磨くのが理想です。

── 実践を積み重ねていくのは重要ですね。今までに卒業された方はほとんど開業されているのでしょうか?

基礎を学ぶ方は趣味で学ぶという方から、開業希望の方までさまざまです。初級以上は結構本気で学びに来られる方が多いですね。実際多くの方が開業されています。インターン制度や併設店への就職もあり、独立開業希望者には開業指導も行っています。すでに開業されていて新しいメニューに導入したいと習いに来られる方も多いです。

── インターン制度などがあるというのは開業希望の人にとってはとても心強いですね。基礎以上のコースはどのような感じなのでしょうか?

初級中級は講師が一人ひとりをチェックできるように定員を絞ります。習うことが目的なのではなく、習得することが目的なので、優秀なセラピストを育成するために人数を絞っています。

ちなみに上級のクリスタル前世は定員2名です。それ以上多いと、生徒さんが実際に技術を習得できているかいないのか講師に判別がつかなくなります。特に、前世退行は危険性を伴うので、中途半端な技術でクライエントに施術するようなことをさけるためもあります。

── なるほど、確かに技術が高度になるにつれてしっかりとしたケアが必要になるというのはとてもよくわかります。最後に、クリスタルヒーリングに興味をもっている読者の方に何かメッセージをお願いします。

クリスタルヒーリングは、たくさんのやり方があるようなのですが、私自身クリスタルセラピーを誰かに習ったわけではないので、従来のものとはやりかたが違うかもしれません。

私どものクリスタルセラピーでは、どこに石を置くのか、石を置く位置について、徹底的に訓練します。胸の辺りとか、第2チャクラのあたりとか、大雑把なことはしません。5ミリ単位で正確に置くようにします。どこに置くかによって同じ石でもエネルギーのオーラへの入り具合が全く違うからです。また石と石との組み合わせによっても、場合によっては、不協和音を引き起こし、かえってエネルギーを損なうことがあるので、厳密に正確な技術を習得することを心がけます。

私自身は石を使った徐霊などをするのですが、そのレベルのことをすべての生徒さんにお教えするのは無理があるように思いますし、またそこまでする必要もないように思います。もっと広く誰もが石のすばらしいエネルギーを活用して心や身体の健康に生かせたらと、このクリスタルセラピーを発案しました。

ペンジュラムを使うのも、すべての方が正しくリーディングが出来る方法として考案しました。一部の能力のある方にしかできないのでは、意味が無いからです。また、リーディングにも正誤があるので、ペンジュラムを使うことによって、その結果が客観的に識別できるようになります。人は誰でも無限の可能性を持っていますのでペンジュラムで訓練することによって潜在的なサイキック能力も開けてきます。

石は昨今のブームのおかげでだいぶ普及しましたが、石の波動の醍醐味をご存知の方はまだまだ世の中からすると一部のように感じますので、このすばらしい自然の恩恵をもっと多くの方が活用できるようになればと思います。それぞれの人生がより輝くようにお手伝いさせていただければ幸いです。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-