狼の守りが得られる神社 [2010/09/11]
埼玉・三峯神社
参道の三ツ鳥居
≪ 参道の三ツ鳥居 ≫

以前に紹介したこと があるように、神社には神様のお使いをしてくれる動物がいるところがあります。今回はあらゆるものを祓い清め、さまざまな災いを除くとされている神使を授けてくれる神社を紹介したいと思います。

その神社とは奥秩父にある三峯神社(みつみねじんじゃ)。三峯神社のお使いは狼。なぜ、狼が神の使いとなったかには諸説あるようで、三峯神社によると、神社をひらいた日本武尊(やまとたけるのみこと)を狼が道案内をしたことから、その勇猛さ忠実さを評価して、お使いになったとされています。また、狼は害獣から農作物を守ってくれる存在なので、そこから信仰が始まり、最終的には盗賊や災難からも守ってくれると考えられるようになったという説もあるようです。どちらにせよ、三峯山の霊気を受けた狼には、何か特別な力があると考えられていたのは確かでしょう。

狛狼!
≪ 狛狼! ≫

三峯神社では、狼のことを大口真神(おおぐちまがみ)と呼んで神聖なものとしています。他にも親しみを込めてお犬様などとも呼ぶこともあるようです。

奥秩父の山中に鎮座する三峯神社のパワーは強力で、その参道を歩くだけでも大自然のエネルギーに圧倒されてしまいます。そこには、とても強くそして邪なものを進入させない浄化された空気が漂っているのが感じられるのです。

ちなみに参道の入り口にある鳥居は非常にめずらしい三ツ鳥居。三ツ鳥居と言うと奈良の大神神社のものが有名ですが、あちらは通常真正面から見ることができないのに対して、こちらは真正面からじっくり見ることができます。形としては、大神神社のものとほぼ同じ形をしていますが、どうして、この2つの神社の鳥居が共通の形をしているのかは謎です。

三峯神社自体がとても浄化された空気に満ちているために、ここを参拝するだけでも心身共に浄化されるのですが、家に戻ってからも守られたいと思う人は御眷属拝借をお願いするのが良いでしょう。

御眷属拝借とは、三峯神社のお使いである狼を、ご祈祷によって御神札に収めたものを1年間貸し出してくれるというものです。一説によると御眷属は一匹で 50戸もの家を守護してくれると言われています。

江戸時代ぐらいに御眷属拝借が盛んになり、1800年代には 5,000匹もの御眷属が貸し出されていたという記録があるほどです。

筆者も御眷属拝借をお願いしたのですが、その時のご祈祷は常に太鼓が鳴り響き、祝詞も今までに筆者が聞いたことのあるどの祝詞よりも、スピードが速く、激しさがあり、まさに力強い狼を招き入れるにふさわしいものでした。

そんな力強いご祈祷によって招かれた御眷属は、現在我が家の神棚に鎮座し、家を守ってくれています。

力強く災いを祓ってくれる狼の力を借りたい方は、ぜひ三峯神社を訪ねてみて下さい。浄化された空気と、勇猛で力強い大口真神があなたを迎えてくれるはずです。


Spot Data
三峯神社
〒369-1902
埼玉県秩父市三峰 298-1
周辺地図へ 周辺地図はこちら(別ウィンドウで開きます)

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-