お盆について

そろそろお盆休みにが近づいてきました、早い人だともうお盆休みに入っているかもしれませんね。帰省ラッシュがニュースを賑わせるお盆ですが、今回はその由来などについて紹介したいと思います。

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)だといわれています。これはサンスクリット語のウラバンナを漢字に直したものだそうです。ウラバンナとは何なのか? というと、これは「逆さづり」のこと。つまり、お盆とは「逆さづりにされているような苦しみを受けている人を救う法要」なのです。

この由来に関しては、釈迦の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)という人が、死んでしまった母親が地獄に堕ちて、逆さづりにされて苦しめられているということを知り、どうしたら母親を救えるかを釈迦に聞いたところ「7月15日に僧侶をあつめて、供物をささげて供養すれば良い」と言ったというエピソードが元になっているようです。

しかし、日本では仏教伝来前から「御霊祭り(みたままつり)」という祖先の霊を迎える儀式が存在していたようです。また、藪入りといって奉公人が里帰りすることができる時期も、お盆あたりにあったので、こういったいくつかの儀式が融合して現在のお盆が誕生したのでしょう。

お盆はもともとは、旧暦の7月15日に行われていました。しかし、現在では旧暦が使われなくなっていることもあり8月13日から 16日ぐらいまでをお盆とすることが多いようです。

祖先の霊を招いたり、地獄の釜がひらくなどといわれているお盆ですが、7月15日は旧暦の場合ちょうど満月となります。満月に特別なパワーがあるというのはココリラ読者ならばよくご存じだと思いますが、旧暦7月15日の満月には、この世とあの世の境界を曖昧にさせるようなパワーがあったのかもしれません。

現在では8月13日に迎え盆をして、先祖の霊を迎え火によって招き入れ、14日、15日は先祖とともに過ごして、16日に送り火をもって先祖を見送るというのが基本的なパターンになっています。この送り火でもっとも有名なものが京都の五山送り火(大文字焼き)です。

ちなみに盆踊りもその名の通り、お盆の間に行われるもので、本来は旧暦7月16日の晩に行われていました。7月15日が満月ですので、16日は十六夜となります。こちらも満月に負けないぐらい月が輝いているので、今のように電気の明かりがなくても夜通し踊りを踊れたわけです。降り注ぐ月光の下で夜通し踊るというのは、本来お盆がとてもスピリチュアルな行事だったことの現れのように思えてなりません。

明日は迎え盆となりますが、単なる法事や休暇だとは思わずに、スピリチュアルな気持ちで、先祖を身近に感じながらお盆を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。