「The SEIRIOS」 森 由里子 さん
≪ 「The SEIRIOS」 森 由里子 さん ≫

高次元の存在である Circular(サーキュラー)のメッセージをもとにつくられたハールリキーア、モースミーカーリ、アスミアーロという3枚の CD。ヒーリングと音楽が高次元で融合したこのシリーズは、多くの人から愛されています。今回は、その作詞を担当している森(由里子)さんに、お話をうかがってきました。

── The SEIRIOS ヒーリング音楽シリーズはチャネリングで得た情報を、宇宙語として取り入れているところが、非常に特徴的だと思うのですが、作詞で苦労したりはしなかったのでしょうか?

実は、今までは公表してこなかったのですが、Circular(以下サーキュラー)からのメッセージを受け取っていたのは私自身でした。ですから、作詞の流れとしては、まず自分(サーキュラー)が語った不思議な言葉を録音して、テープ起こしをします。そしてその言葉やニュアンスを出来る限り忠実に再現して、歌詞にするためにカタカナにしていく。その作業はちょっと大変でした。

── 森さんご自身がチャネリングしていたんですね! 販売元のライトワークスさんのページを見ても、チャネリングをしている方の情報には触れられていなかったので、不思議には思っていたのですが…。

私は作詞が本業なので、チャネリングをしていることを公にすることは控えていました。でも、11月に1st コンサートを開くこともあり、今後はオープンにしていくことにしました。

── なるほど。確かにまったくかけ離れた分野ですし、迷いがあったのも当然だと思います。生まれつきチャネリングができたというわけではないんですよね?

はい、自分がやるなんて考えたこともありませんでした。ただこのチャネリングは、友人でもあるヒプノセラピストとの催眠誘導のセッションで起こったことで、彼女がセラピストになったのは、昔私が、うちにダイレクトメールで送られて来たヒプノセラピスト養成スクールのパンフレットをなにげなく彼女に見せたことがきっかけでした。そして過去世も含めた退行のセッションを受けるようになり、何度目かのセッションで突然チャネリングが始まったのですが、今はセラピストの友人も、このためにヒプノセラピストになるよう導かれたような気がすると言っています。

── 過去世退行というのは、本来はその人の前世などにアクセスするわけですが、催眠に入っているときは変性意識状態なので、チャネリングにもちょうどよかったのかもしれませんね。

はい、そうですね。いつの間にかセッションを受けているはずが、セラピストの質問に対して、私の超過去世でもあり超未来世でもあるという宇宙存在が答えるという状態になって行きました。過去世でもあり未来世でもあるというと違和感を覚えるかもしれませんが、時間に対する概念がこの世界とは違うので、このようなことが起こりうるようです。

── 本当に不思議なきっかけですね。それはいつ頃のことなのでしょうか?

2000年でした。ただその時点では自分がチャネリングをしているということに対して不安もあり半信半疑だったので、ヒーラーやセラピストの方など多くの国内外の専門家に会い、そのことについて聞いてみました。答えは、皆さん口をそろえてそれは完全にチャネリングであり、その存在もあなた自身でもあるので安全ですとのご意見でした。そして自分でもだんだんと受け入れるようになりました。

── なるほど。現在では(一人でいても)チャネリングできるようになったのでしょうか?

第三者がいることで、より客観性を保ってクリアーな状態でいることができるので、現在でも当初と同じようにヒプノセラピーをつかったアプローチでチャネリングを行っています。

── 誰か確認する人がいたほうが、よりはっきりするというのはよくわかります。宇宙語については、実際に森さんが受け取られたメッセージだということですが、CD にヘブライ語やサンスクリット語、日本の古語などを取り入れたのはなぜなのでしょうか?

サーキュラーは、すでに言葉を使わずテレパシーで対話しているようですが、それでもセッションでは不思議な言葉を語ります。それはサーキュラーがこの世界に合わせて私達にために降ろしている言語で、その波動に意味があるようです。それで、このチャネリングのことを知ったライトワークスさんから、その言葉を歌詞に使って楽曲を作って欲しいというご依頼を頂きました。ただアルバムの中の一曲だけは地上の言葉も入れてはというご提案もあり、言語自体に力があって歴史を感じられる古代の言語を使うことにしたわけです。

── 宇宙と地上のハーモニーという感じですね。確かに、宇宙語と、とてもよくマッチしていると思います。このシリーズは、だいたい年に1枚のペースで現在3枚の CD が発売されていますが、これもサーキュラーからの指示なのでしょうか?

とくに CD を販売する上で、そういう計画があったわけではありません。ただ、CD を作ること自体は宇宙の計画の一部だとサーキュラーは言っています。

── 宇宙の計画というのはすごいですね。

やっぱり宇宙の計画かもと実感したのは、ほんとうにさまざまなご縁によってこの CD が作られたからです。The SEIRIOS のメンバーも本当に何かに導かれているかのように自然と集まって、みなさん仕事という感覚よりも、損得抜きで自分の役目として関わっていますし、CD を制作してくれるスタッフさんやエンジニアさんなど多くの方が宇宙やスピリチュアルな事に大変関心が強かったり、不思議なご縁は数え上げればきりがないぐらいあります。

── 自然と最高の流れで計画が進んでいく感じなわけですね。

はい、そうですね。今後も常に流れのまま進んでいこうと思いますので、コンサートの後にどんな展開があるのかも、宇宙だけが知っているという感じです。

(後編へつづく)

■ 森 由里子(もり ゆりこ)プロフィール

作詞家。東京都出身。86年、TV アニメ「ドラゴンボール」主題歌で本格的に活動を開始。88年、中森明菜「TATTOO」がオリコン1位(6月)、日本レコード大賞金賞その他を受賞。その後精力的に活動を続け現在までに約 900曲の楽曲をリリース。現在は The SEIRIOS のメンバーとしても活動しながら、J-POP やアニメ主題歌等、幅広い分野で新曲を次々に発表し活躍中。オフィシャルブログ オフィシャルウェブサイト