巨大な妖怪が出現するお祭り

本日、愛媛県宇和島市で一風かわったお祭りが開催されます。これからの季節はいろいろなお祭りが開催されますが、その中でもこれほどの異彩を放つお祭りはなかなか無いと思います。

そのお祭りとは「宇和島牛鬼祭り」。牛鬼(うしおに)をかたどった5~6メートルもある大きな山車(だし)が街を練り歩くのですが、そもそも、牛鬼を知っている方が少ないと思いますので、まずは、牛鬼について紹介したいと思います。

牛鬼とは主に西日本に伝承される妖怪のこと。非常に残忍でどう猛な性格をしていて、人を食い殺すのを好み、執念深く獲物は決して逃がさないとされています。名前の通り、牛と鬼を合成したような姿をしていると言われていますが、水木しげる先生の描く絵のように、牛の首と蜘蛛の胴体を持つという話も残っています。

妖怪にはかわいらしいエピソードを持つ物も多いのですが、牛鬼は基本的に残忍であり、家畜や人を襲ったという伝説を西日本各地で聞くことができます。

なぜ、そんな恐ろしい存在がお祭りに登場するようになったのでしょうか? はっきりとした由来は定かではないようで、いくつかの説が存在します。

一番単純な説としては、山口県に出没していた牛鬼を愛媛県の藤内という人が退治したことを記念して、牛鬼の山車を作るようになったというもの。また、牛鬼の正体を老いた椿の根であるとして、椿には神霊が宿るという伝承から牛鬼もまた神を宿し、悪霊を祓(はら)う力があるということで、神輿(みこし)の先駆けとして家々の悪魔を払うためにその姿を模した山車が作られたという説もあります。

これらの由来は比較的スピリチュアルな内容なのですが、もう一つとてもおもしろい由来があります。それによると、豊臣秀吉が加藤清正に朝鮮出兵を命じたときに、朝鮮の城を攻めるために亀甲車という乗り物を作り、それによって城からの攻撃を防いだというのです。

亀甲車とは、板で箱を作り、それを牛革で包み、先端には牛の生首を刺して掲げたというちょっとグロテスクな代物で、箱の中には兵士が乗ったということで、有名なトロイの木馬ともちょっと似ているような感じもします。この亀甲車が宇和島に伝わって、それを神事用として牛鬼としたのだそうです。

どの説が正しいのかはわかりませんが、5メートルもある異形の山車が首を上下左右に振って暴れるのは壮観な姿で、分かりやすく言ってしまうと獅子舞を遙かにスケールアップした感じです。実際、獅子舞とかぶる部分もあり、子供が獅子舞に頭を噛んで貰うことで魔除けになるように、牛鬼に噛まれると賢くなるという言い伝えがあるようです。

荒ぶる妖怪すらも、日常生活に取り入れ、ともすると自分たちを守護する存在にしてしまうという、とても日本らしいお祭り。愛媛は遠いですが、機会があったら是非見てみたいお祭りの一つです。