技術の向上を願う日

本日、7月7日は七夕。七夕というと、織姫と彦星のロマンチックなエピソードが印象的ですが、実はさまざまなお祭りが習合してできているのをご存じでしょうか?

もともと、七夕である7月7日はお盆の行事が行われていた日だったようです。そこに中国から伝来した乞巧奠(きっこうでん)という行事が合わさって今のような形になったといわれています。

乞巧奠とはお裁縫(さいほう)の上達を願うもので、七夕の夜に婦人達が7本の針の穴に美しい糸を通して、それを捧げ物として庭に並べたとされています。これと、機(はた)織りを仕事としていた織姫が結びつくことによって、織姫と彦星の伝説も7月7日になったのだそうです。

なぜこの時期に裁縫や機織りなのかというと、お盆の時期ということで、帰ってくる先祖の霊に着て貰うための服をこの時期に織っていたからなのです。この服を織っていた女性が棚機女(たなばたつめ)と呼ばれていたことが、七夕の語源だという説もあります。

七夕の語源については、他にも祖霊を招く精霊棚とその幡を棚幡(たなばた)と言ったから、古事記で詠まれた歌から、などいくつもありますが、どれが本当の語源なのかは確定していないようです。

現在では乞巧奠はもとより、織姫と彦星の伝説さえもしっかりとわかっている人が少なくなってしまい、ある調査によると織姫と彦星が夫婦だということを知らない人も多いそうです。

そんな状況でも、短冊に願い事を書いて笹に飾るという行事だけは、ほとんどの人が七夕の行事として知っていることでしょう。そもそも、なぜ笹に短冊を飾るようになったかというと、それも前述の乞巧奠がはじまりのようです。

美しい糸を供えていたのが、五行説によって五色の糸になり、それが日本に伝来したことによって、いつのまにか五色の短冊へと変わったと言われています。室町時代頃には宮中で和歌などを書いて飾っていたようですが、江戸時代になってからは、現在のように広く普及しました。

ただし、江戸時代頃までは乞巧奠の名残があって、習い事や芸事の上達を祈っていたようです。現在では、何でもオーケーになってしまっていますが、本来は何らかの技術の向上を願う日だったわけです。

笹に吊すものは短冊が基本ですが、その他にもいろいろな飾りを吊します。この飾りにも意味があるのをご存じでしょうか? 例えば、紙衣は裁縫の腕が上がるように、巾着はお金が貯まりますように、屑籠は整理整頓をして物を粗末にしないように、吹き流しは機織が上手になりますように、などとそれぞれの形に合わせた意味が込められているのです。

なぜ笹にこれらの願い事を吊すのかというのは定かではないようですが、以前 に紹介したように笹には邪気を祓って長寿を招く力があるところから、浄化した願いを天に届けるために、笹なのでは無いかと言われています。また、一説によると笹の擦れ合う音が祖霊を招くから、とも言われています。

もともと旧暦に行われていた行事を新暦に移したために、七夕は雨の日が多くなってしまいましたが、せめて笹に短冊ぐらいは吊るしてみてはいかがでしょう? 願い事も古式に習って、なにか技術や習い事などの向上を願ってみるというのもオススメです。