罪汚れを祓い清める日

明日、6月30日は「大祓」(おおはらえ)。大祓とは知らず知らずのうちに犯してしまった罪や過ち、体にこびりついてしまった穢(けが)れなどを払うための神事のことです。

神道では「祓い」をとても重要視しています。祓いを行うことによって、心気を清浄にし、災厄を除き、幸福を手に入れることができるとされているのです。

そんな祓いの中に「大祓」というものがあります。基本的に祓いとは個人や物に対して行われるのですが「大」という文字からもわかるように大祓とは、国全体、社会全体といった大きな枠組みを祓うのです。

大祓の歴史は古く、西暦 701年には宮中における正式な年中行事として定められました。それによると、大祓は6月と 12月の晦日(つごもりび)に行われるとされています。晦とは月末のことで、新暦になおすと6月30日と 12月31日ということになります。

一般的に6月の大祓を「夏越の祓(なごしのはらえ)」、12月を「年越の祓」と呼ばれていますが 12月は大晦日(おおみそか)ということもあり、現在では祓いの行事は目立たなくなってしまっています。

それと関係があるのかはわかりませんが、大祓で読まれる祝詞(のりと)である大祓詞(おおはらえのことば)も、元々は6月と 12月で、違う内容だったのが、現在では6月のものしか残っていないという説もあります。

この大祓詞は、簡単に言うとさまざまな罪穢れを祓うための呪文です。内容的には前段と後段にわけることができ、前段には宮中儀式であった名残なのか、大祓に集まった人たちに祝詞をよく聞けという宣言や日本神話の内容、そして最後に国民が犯してしまう罪などが列挙されています。この部分は、現在の文化に合わないことも多いために省略されることも多いようです。

後段に入ると、具体的にどんな神様がどのようにして汚れを祓ってくれるのかが語られていきます。ちなみにおもしろいのは前段の最後、後段が始まる前に「天津祝詞の太祝詞事を宣れ」という記述があります。

前段と後段のつながりから考えると、この「天津祝詞の太祝詞事」によって祓いが始まるのですが、これがどのような言葉なのかはどこにも書かれていません。重要なポイントだから、口伝であったという説や、大祓詞そのものを指すという説など、さまざまな説があるのですが、決定的な説は現在に至るまで提唱されていません。

大祓では、大祓詞が奏上されるのはもちろんですが、夏越の祓では「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」を行う神社が多くあります。これは茅草によって、人間一人が通れるぐらいの大きな輪っかを作り、その中を左回り、右回り、左回り、という順番で八の字を書くように3回通り抜けることで汚れが祓われるというものです。

そのほかにも、人の形に切った和紙=人形(ひとがた)に息を吹きかけて汚れを移したり、京都では「水無月」という和菓子を食べることで、悪霊や暑気を祓うなど、この時期にはいろいろな祓いがあります。

明日、近くの神社で茅の輪を見かけたら、ぜひくぐってみてください。体の汚れを祓うことで、ますます暑さを増してきたこの時期を健康的に乗り切ることができるはずです。