UFO の日

本日、6月24日は UFO の日だそうです。いろいろな記念日がありますが、まさか UFO の日までが制定されているとは知りませんでした。

UFO とは「未確認飛行物体=Unidentified Flying Object」の頭文字を取った言葉です。最近でもテレビなどで度々取り上げられることが多いため、大多数の人がその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

なぜ6月24日が UFO の日になったのかというと、アメリカで一番最初に UFO が目撃されたのがこの日なのだそうです。

1947年の6月24日、アメリカの実業家ケネス・アーノルドが飛行機で移動中にワシントン州のレニア山上空で強い光を目撃します。その光の正体は9つの見慣れない飛行物体で、ものすごい速度で急降下、急上昇を繰り返していたのです。

彼の目撃談が全米に報道されたことから、アメリカでは未確認飛行物体の目撃証言が相次ぎ、とうとうアメリカ空軍が調査をすることになります。この時に名付けられたのが前述した「UFO」という名称です。

結局の所、現在に至るまでも UFO が確実に存在するという証拠は出ていませんが、アメリカはもちろんのこと、日本を含めてさまざまな地域で不思議な物体が目撃され続けています。

UFO というと円盤形のイメージがあると思いますが、日本では江戸時代にお椀型の何かが漂着したという記録が残っており、これを UFO なのではないかとする説もあります。

また、パワースポットとしても有名な長野県の皆神山は、人工的に作られたピラミッドであり、それを作ったのは重力を扱える技術をもった存在=宇宙人であることから、UFO の基地ではないかという説もあります。

ある意味では世界中の人々の心を捉えているともいえる UFO。スピリチュアルな世界では UFO は物理的なものというよりも、霊的な存在として考えられていることが多いようで、実体が無いがゆえに、物理的にありえない動きをしたり、証拠を捉えたりするのが難しいとされています。

一方では UFO は軍が秘密で造った最新兵器と主張する人や、そもそも、そんなものは存在せずにプラズマなどの自然現象の見間違えだと主張する人もいます。

筆者としては霊的な存在説が一番ありそうに思えますが、読者のみなさんはどう思いますか?

せっかくの UFO の日ですので、梅雨空が晴れたら空を見上げてみましょう。もし、変わったものを見かけたり、写真が撮れたら編集部までご一報下さい。