陰陽師が管理していた時計

本日、6月10日は「時の記念日」です。1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって制定されたという、なかなか歴史のある記念日。その由来はさらに昔にさかのぼります。

西暦 671年6月10日に漏刻(ろうこく)が宮中に設置され、時を告げるようになったというのが時の記念日の由来。

これは日本書紀に「天智天皇十年四月辛卯条置漏尅於新臺」とあることが元になっています。4月となっているのは旧暦だからで、これをそのまま現代文に訳すと「天智天皇の代になって 10年目の4月25日に漏刻を新しい台に置いた」というような感じになります。

こういった記念日で旧暦を新暦に直すのはよくあることですので、新暦に直して6月10日になっているわけです。ここに登場してくる漏刻というのは聞き慣れない言葉ですが、実は水時計のことです。

水時計は今ではほとんど見られることが無くなっていますが、日時計と同じぐらい古くから存在する太古の時計です。あまりにも歴史が古すぎて、いったいいつ頃からあるのかはさだかではないのですが、古代バビロニア時代にもすでに存在していたようです。

もっとも基本的な水時計は、砂時計の砂を水に変えた物をイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。砂時計は水時計をもとに、より正確に時間を計るために作られたものだと言われています。

ちなみに天智天皇が設置したといわれている漏刻は、まるで階段のような形をしています。5つの水槽が階段状に積み上げられていて、一番上の水槽に水を注ぎ、それが次々に下の水槽へと流れていき、最終的に一番下にある水槽の水面に浮かべた目盛り棒に書かれてある目盛りを読んで時刻を計ったのだそうです。

ここで計られた時刻をもとに、鐘を鳴らして時間を宮中に知らせていたわけですが、ここでタイトルにあるように陰陽師が登場します。

陰陽師というと、映画や漫画の影響で呪術者=超常的な現象を起こすイメージや占いなどを行うイメージが強いかもしれませんが、実際に陰陽寮に所属していた人たちは、もちろん祈祷や占いも行いましたが、天文学や暦学などといった学問に従事していた人たちが多かったのです。

そんな陰陽寮の役職に漏刻博士というものがありました。陰陽寮はれっきとした政府の機関ですので、さまざまな役職があります。陰陽師としてもっとも有名な安倍晴明も天文博士という役職についていたことがあります。

漏刻博士は、安倍晴明がついていた天文博士と同じ正七位下という位があることからも、かなり重要な役目だったことがわかります。実際に漏刻博士が何をやるかというと、その名前の通り漏刻を管理し、水の量をチェックし、時間が来たら部下に鐘を鳴らさせるという、いわば人間時計といえる仕事でした。

現代では携帯電話をはじめとして、時計は身の回りにいくつも存在していて、どちらかというと時間に常に追われているようになってしまっていますが、昔は専門の技術者がずっと見守るほど大事なものだったのです。

目には見えないけれど、確かに存在している「時」。今日は時の流れや時間について、思いを巡らせてみたいものです。