動物と癒し

動物たちの姿を見たり、触れあったりすることで人は癒されます。最近ではウェブ上でかわいらしい動物の動画や、写真を見て、つかの間の癒しを得る人も多いようです。今回はそんなかわいらしい動物と、その癒しについて紹介したいと思います。

携帯電話にも動画撮影機能がついて、最近では誰でも簡単に動画を撮影し、Youtube などで共有することができるようになっています。そういった動画の中で数も、人気も高いものとなるとやはり動物関連でしょう。

一例として犬、猫、パンダの動画を紹介しましょう。



どれも時間的には非常に短いものですが、それでも一気に心を暖かくさせてくれるようなものばかりです。

こんな風に動物たちは、その姿だけでも人を癒してくれますが、イルカと一緒に泳ぐことで自閉症やダウン症、精神疾患などが回復するというドルフィンセラピーや、乗馬を通して身体機能を改善し、情緒障害をい明日という乗馬療法などといった本格的なものから、アニマルカフェのように動物と触れあうことで、一時の癒しを得るというものまで、癒しの手法は千差万別です。

死んでしまったペットからのメッセージを伝えるアニマルコミュニケーションというのも最近は出てきているようです。ペットロスによって、深い心の傷を負う人が増えてきていることを考えると、こういったアプローチはどんどん必要になっていくのでしょう。

さまざまな形で人を癒してくれる動物ですが、動物だって癒されたいことはあります。肉体的な病気では、動物病院に連れて行くのはもちろんですが、エネルギーヒーリングを行う人も多くいます。また、以前紹介 したように犬のツボを紹介したアプリなどもあります。

変わったところだと、動物に催眠をかける人もいるそうです。クリッフ・ペンローズさんという人は、兎のブリーダーなのですが、まるで人間に催眠をかけるかのように兎を仰向けに寝かせて催眠をかけることができるのです。

催眠をかけることによって、獣医などに連れて行くときに暴れなくなるだけでなく、ストレスが緩和されるために長生きしたり、穏やかになるのと彼は言っています。

動物と人間がお互いに癒しあいながら生活していける、そんな世界はとても幸せな世界ではないでしょうか。