斎場御嶽(せーふぁうたき)
≪ 斎場御嶽(せーふぁうたき) ≫

沖縄には無数の御嶽(うたき)があります。今回は、その中でもっとも有名な、斎場御嶽(せーふぁうたき)を紹介したいと思います。すでに訪れたことのある人も多いかもしれませんが、沖縄パワスポ特集といったら外せない場所です。

斎場御嶽の「斎場」とは「最高位」を表す言葉であり、このことからも、沖縄本島最高の御嶽とされているのがわかります。

ちなみに御嶽とは琉球王国が制定した聖域の総称で、本土でいうと神社が一番近いかもしれませんが、似て非なるものと言えるでしょう。実際に、琉球王国が無くなり本土との併合が果たされた、明治維新の頃には御嶽の前に鳥居を立てさせられたそうですが、沖縄本島では戦後にほとんどの鳥居が撤去されたそうです。

沖縄には数え切れないほどの御嶽があり、本当に小さな御嶽から、斎場御嶽のように観光地となって多くの人が訪れる場所までさまざまです。

しかし、基本的にはほとんどの御嶽が現在でも信仰の地として機能しており、ノロと呼ばれるシャーマンによって管理されています。沖縄の御嶽をめぐっているとそういったノロの方が儀式をしているところに出くわすこともしばしばあります。

筆者が沖縄を訪れた際に、今帰仁(なきじん)グスクでそういったノロの方を見かけたことがあります。このグスク内には神様の祠(ほこら)や御嶽などがいくつかあるのですが、その全てで儀式を行っているようで、その真剣な様子から、沖縄の信仰の強さとそれが生活に密着している有様を感じ取ることができました。

そんな御嶽の中で、もっとも位が高いとされている斎場御嶽は、琉球王国の最高神職である聞得大君(きこえのおおきみ)が管理した場所です。聞得大君はノロの中で最高位の存在であり、琉球王国最高のシャーマンでした。

この聞得大君が即位するための儀式である「御新下り(あおらおり)」が行われたのも斎場御嶽です。ここで、琉球王国の最高神に対して儀式を行い、国王と王国を霊的に守護する存在である聞得大君が誕生するわけです。

ちなみに、ノロは漢字にすると「神女」となります。読んで字のごとく、全てが女性ですので聞得大君も当然、女性です。現在でも久高島の最高聖地であるフボー御嶽(クボー御嶽)は男子禁制ですが、昔は斎場御嶽を含む全ての御嶽が男子禁制だったそうです。

斎場御嶽の中にはいくつか拝所がありますが、その中でも最もインパクトがありエネルギーを感じられる場所は三庫理(さんぐぅい)でしょう、岩と岩で形作られた三角形からは、とても神聖なエネルギーを感じることができます。

三庫理の中には久高島を拝むための久高遙拝所があり、海の向こうの久高島を見ることができます。

斎場御嶽については、ご存じの方が多いと思いますので今回は歴史的な内容を重点的に紹介してみました。エネルギーを感じてみたい方は、三庫理の写真を壁紙&待ち受けとして提供しますので、そちらから存分にエネルギーを感じてみて下さい。

三角の門から琉球の創造神であるアマミクのエネルギーを感じ取ることができるかもしれませんよ?

壁紙ダウンロードはこちらから!

Spot Data
斎場御嶽
沖縄県南城市知念久手堅
周辺地図へ 周辺地図はこちら(別ウィンドウで開きます)