草木が生い茂り始める日

明日、5月21日は小満です。今日は小満とはどういう日なのかを紹介したいと思います。

小満(しょうまん)とは、二十四節気のひとつで、立春から 15日目ぐらいの日となっています。時間的に微妙なずれはあるのですが、基本的には5月21日が小満になります。秋にまいた作物や身の回りの植物などが色づき成長し始めるのがこの日だとされています。

なぜ、小満と言われているかにはいくつか説があるようで、暖かくなって動物たちも活発に動くようになり、植物が生気をみなぎらせることから、全てのものが次第に満ち始める=小満とするもの。秋にまいた麦などの作物に穂がついて、ほっと一安心する=少し満足するから小満とするというもの、などがあります。

どちらにせよ、植物に関連していることには間違いが無いようです。今の季節は桜が咲いていた時期のようなあでやかさはありませんが、道を歩いていても草木がとても勢いよく生命力を発しているのが感じられます。

都会にいても、葉っぱの青さなどから元気をもらえるような気がしますが、山や森といった自然の中に入ると、その成長のエネルギーに圧倒されてしまいそうになるほどです。

大人から見ると、小学生低学年の子供達のもつエネルギーは無限のようにも感じられますが、それと同じようにこの時期の植物は本当に強い生命力を感じさせてくれます。

これから人間にとっては非常にうっとうしい時期である、梅雨に突入していきますが、この梅雨の雨があるからこそ、木々を含めた植物、農作物が元気よく生長していくのだと思えば、暑くてじっとりとした梅雨も少しは乗り切れそうな気がします。

梅雨が来る前に、ぜひ、お散歩の途中に緑に溢れた木々にふれ、その生命力を感じてみて下さい。そして、これから訪れる梅雨をがんばって乗り切っていきましょう!