沖縄・普天間宮
≪ 沖縄・普天間宮 ≫

昨日の予告どおり、さっそく沖縄のパワースポットを紹介したいと思います。今回は、なにかと話題の普天間基地に隣接している普天間宮です。

沖縄には神社よりも御嶽(うたき)が多く、普天間宮(ふてんまぐう)のような神社は珍しい存在です。実際、宜野湾市には神社はここしかないそうです。

この神社は地図でみるとわかるのですが、米軍の普天間基地にほとんどめり込むような立地に建っています。移転させられてもおかしくないような立地にもかかわらず、今でもこの神社が存在するのは、それだけパワーがある神社だからなのではないでしょうか?

普天間宮には普天間女神の伝説というものがあります。これは家族以外には誰も顔を見せないとても美しい乙女の話で、顔を見られたために姿を消し、普天間の鍾乳洞へと入って女神になってしまう、というものです。

ここで登場する鍾乳洞が、普天間宮の最大のパワースポットです。神社の中に鍾乳洞があるというのはとても珍しいですが、普天間宮の奥宮はその鍾乳洞の中にあるのです。

社務所でお願いすると誰でも無料で鍾乳洞に入ることができます。写真撮影もオーケーなのですが、基本的に写真をおおやけに公開して欲しくないとのことでしたので、その神秘的な美しさは、ぜひ現地で体験してみて下さい。

鍾乳洞内はライトアップされており、まさに神域といった感じの、神秘的で幻想的な空間が広がっています。別世界といってもいいぐらい、外部のエネルギーとは切りはなされていて、優しく澄んでおり、それでいてちょっと寂しげなエネルギーで満たされています。

このエネルギーは顔を見られたために、飛び去ってしまった普天間女神のものなのでしょう。とても優しくて傷つき安いエネルギーから、伝説をありありと実感することができます。

とても心を穏やかにしてくれる空間ですので、騒いだりせずにゆっくりと大自然の驚異を愛でながら、清らかな女神のエネルギーを感じてみることをオススメします。

女神はとても恥ずかしがり屋さんですが、多くの人を惹きつけた美しさのエネルギーもありますので、ここのエネルギーを十分に感じて吸収することで縁結びや、意中の人を引き寄せる効果もあるはずです。

最後にひとつお詫びをしなければなりません。あまりにも美しい鍾乳洞の写真ばかりとっていて、本殿の写真が非常に微妙なものになってしまいました。本殿も本土のものとは違って沖縄らしい、日本と中国がまじったようなとても素敵な建物ですので、鍾乳洞に入る前にはしっかりとそちらも見てみて下さい。

Spot Data
普天間宮
沖縄県宜野湾市普天間 1-27-10
周辺地図へ 周辺地図はこちら(別ウィンドウで開きます)