土地のエネルギー感じていますか?

本日、5月16日は「旅の日」。ということで、旅にちなんだ内容を紹介したいと思います。

この「旅の日」というのは 1988年に「日本旅のペンクラブ」というところが制定したそうです。例によって、歴史の浅い記念日ではありますが5月16日が旅の日になった理由には深い歴史がありました。

5月16日は松尾芭蕉が「奥の細道」へと旅だった日だというのです。松尾芭蕉が生きていた江戸時代は旧暦だったので、それを新暦に直すことで5月16日となったそうです。ちなみに、旧暦の出発日は3月27日となっています。

新暦とのズレがかなりある理由は、松尾芭蕉が旅立った元禄2年(1689年)は閏月があったために、通常よりもさらにずれ込むことになってしまったようです。

みなさんは「旅」というと、どんなことをイメージするでしょうか? 海外旅行? それとも国内旅行? 飛行機で行きますか? それとも車でしょうか?

「旅」をする手段はいろいろとありますし、旅先も現代ではいけない場所はほとんど無いといっても過言ではないぐらい世界中に行けるようになっています。

旅先で新しい経験をしたり、見たことのない景色を見たり、地元の名産を食べたりと旅にはいろいろな楽しみがあります。

お遍路さんのように歩いて旅をすることで、自分を見つめ直したりするのもひとつの旅のありかただと思います。

お金もかからず、どんな場所にいってもできる旅楽しみとして、その土地のエネルギーを感じてみるというものがあります。

昨今はパワースポットが流行して、あちこちの神社やお寺などが紹介されていますが、旅先のエネルギーを常に感じる癖をつけておくと、思わぬところでとても強いパワースポットに出会えたりもします。

「でも、エネルギーを感じるなんて特殊な才能じゃないの?」と言う人がいるかもしれませんが、別にメッセージを受け取ったり、なにか具体的なものを視覚化したりする必要はありません、ただ、旅先の土地に降り立った時に自分がどんな感覚を覚えるか、それに気をつけるだけでいいのです。

たとえば「はじめてなのに懐かしい感じがする」「なんだか体が軽くなった」というようなものでも良いのです。肝心なのは、新しい土地を訪れた時の自分の状態を常に意識して、それを覚えておくことです。

こういったことを続けていると、そのうちもっとクリアーにいろいろなことがわかったり、人によってはメッセージを受け取ったりすることもできるようになります。

旅の楽しみの一つとして「土地のエネルギーを感じる」を取り入れてみてください。新しい出会いや発見が増えるはずです。