竹が酔っぱらう日

本日、5月13日は「竹酔日(ちくすいじつ)」だそうです。竹が酔っぱらうとはいったいどのような日なのでしょうか?

「竹酔日」とは、本来は陰暦の5月13日であり、中国ではこの日に竹を植えるとよく繁ることから、このように名付けられたようです。なぜ、竹酔日というのかというと、まるで竹が酒に酔った状態のように場所を移されたことに気が付かず、よく根付くからだそうです。

別名としては竹迷日、竜生日などがあるそうです。どうして竹が定着するのを酔っぱらっていると考えたのかは謎なのですが、この日に竹を植えるとよほど成長がよかったのか、もし5月13日に植えられない場合には「5月13日」と書いた紙を貼るだけでも同じような効果があると言われていたそうです。

「竹」と言えば「かぐや姫」を連想する人も多いのではないかと思いますが、かぐや姫が月に戻った日を5月13日だとする説もあるようです。

ちなみに竹の種類によっては5月13日に植えると逆にうまくいかない場合もあるということで、日本よりも中国で一般的な風習なのかもしれません。

だからといって、日本では全く竹酔日が用いられないかというとそういうわけでもなく、奈良にある大安寺(だいあんじ)では陰暦の5月13日(新暦でいうと6月23日前後)に竹酔日にちなんで竹供養と癌封じの夏祭りが行われているようです。

なぜ竹封じと癌封じが一緒になっているのかは定かではないのですが、この日は祈祷や法要が行われたあとに笹酒が振る舞われるのだそうです。

この笹酒には長寿の御利益があるということから、それに絡んで癌封じなのかもしれません。大安寺では竹酔日以外にも、笹酒を振る舞う行事があって、そのときにも癌封じの祈祷を行うようですので、無病息災=笹酒という図式があるように思えます。

最近都会ではめっきり見ることがなくなった竹林ですが、郊外に足を伸ばすと意外なところで見かけたりもします。一時期幸運を呼ぶ風水アイテムとして万年竹がもてはやされたりもしましたが、すらりと伸びた姿と美しい緑色は眺めるだけでも心を癒してくれます。

今度から竹を見かけたときはその長寿のパワーも吸収してみるといいのではないでしょうか?