禁じられた恋 ~後編~

前回 に続き、禁じられた恋「不倫」について書かせていただきます。
今回は、そんな禁じられた恋の鑑定で多い「恋の落とし穴」にスポットを当てて行きたいと思います。

一番多いのが「時期」という自縛に苦しむ方々です。
いろんな占い師を訪れ「何年後に彼と一緒になる」って思い癖(繋がれた呪縛)を持ってくる方が非常に多いです。
しきりに「○○先生は○○年って言ったんですよ!!」と…お前もそう言えってばかりに詰め寄られることが多いんです。

私的には、期限に縛られて我慢して苦しくなっている姿が嫌なのでそこの期限は言いたくはありません。
その期限によって余計苦しくなり切なくなり、そして見えない期待になり相手にも依存してしまう結果になります。
時期を言って未来を当てるのが占い師。
ですが、その占い師が何気なく伝えた時期が人の人生を大きく変えているのも現実なのです。

そして、その次に多いのが「賢くなりなさい」というアドバイスです。
ご自身が感情的になり自分の感情を押しつけてしまい相手が嫌になって別れがくることになるので「もう少し冷静になり賢く立ち回りなさい」とアドバイスするケースです。

このケースで多いのは「お友達のカップルは毎日彼氏から連絡が来るのに、記念日も彼氏と過ごしたりしているのに」と相手の状況や環境を無視し周りと違う恋愛に苦しむ方々です。

自分の感情だけを相手に押しつけていることに気づいていなく、感情的になって「さみしい、辛い」と不安に陥るパターンから相手に鬼のように連絡してしまうのです。

だったらあなたが望む恋愛相手を見つければ? と思いませんか?

違うんですよね? 好きなんですよね。だったら少し冷静に賢くなって相手に合わせることが大事なんです。

それが「愛よ」。マンサ的には、お互いを尊重し合うお勉強をしているんだなって思いますよ。

ここからは禁じられた恋で悩んでいるみんなに伝えたい。勇気にして欲しいと思う内容を書きます。

時に全然占い師なんか信じない、理論的な男性も不倫に苦しみ相談に来ます。
その方々には悪いですが、マンサ的に凄く嬉しくなっちゃいます。

いつも女性が苦しんでいるイメージが強い不倫ですが、時に理性的な男性も奥さんと不倫相手の狭間で苦しみ、不倫相手と一緒になりたいけどなれない現実に苦しみ、絶対に信じていない占い師の元を訪れて弱々しく涙を流すんです。

世の苦しんでる女性陣にも見せたい!!
みんな!! ちゃんと男性も悩んでるよ、って伝えたい。

頭は離婚できなくても心は駆け落ちしていいほど苦しんでるよって。
ちゃんと愛されてるよ!!って。
これは私たち占い師だからこそ見える極秘な世界です。
でも結果は、どうしても一緒になりたくて泣くだけ泣いても結局は理性が働き石橋を渡れない男性ばかり。
「あー!!」って思うけど理性には勝てないのが男性なんだなって悲しくなります。

どんなに愛する人でも理性の強い男性は今までの全部を捨てるって行為はなかなか出来ないものです。

そして、みなさん共通な気持なのが自分だけに向ける「揺るがない愛が欲しいだけ」ただそれだけなんですよね。

この禁断の恋は復縁依頼の次に多く、そしてたくさんの人が自分1人で抱えている苦しい恋愛です。

裏のお話をしてみましたが今日書いたお話はマンサが実際占い師になり感じたことをそのまま書きました。

偏見も否定もなくただ見ただけ感じたまでを書きました。