キャリアウーマンから天使や亡くなった方の魂からのメッセージを伝えるミディアムへと転身したホワイトクロウさん

守護天使やアセンデッド・マスターとつながることで、心穏やかに過ごせるようになったというホワイトクロウさんに、毎日を穏やかで笑顔に満ちてすごすための秘訣を聞いてきました。

── ホワイトクロウさんが学んだスクールについて教えてください。

私は4年前に起業、独立したのですが、その当時はいろいろと不安なこともあり、自分の守護天使さんに繋がれるようになれれば良いな、という期待感から「エンジェリック・チャネリング・スクール」という、ドリーンさんの右腕的存在、アンジェラ・ハートフィールドさんが開催しているスクールに参加しました。そこで、チャネリングや自動書記などを習ったのですが、なんと、いろんなことが自分にもできることを発見することができて、うれしい驚きでした。特に、亡くなった親しい方々の魂と交信するというミディアムシップでは、亡くなった友人たちが現れて来てくれて、癒されるとともに、本当に自分でも交信できるんだ! という喜びを感じました。

── 実際に亡くなったご友人と交信するというのは印象に残る体験ですね。もともと、そういう霊的な世界に興味を持っていたのでしょうか?

霊的な世界に興味というか、私は、小さい頃から、周囲の人たちと違う感性や価値観を持っていました。人生の意味や、何故人は生きるのか、といったことをよく考える子供でした。まわりには、あんまりそういったことを考える友達はいなかったですし、疎外感を感じて生きてきました。そんなとき、ドリーンさんの『アース・エンジェル』という本を読んで、それが、まさに自分によく当てはまり、疎外感を感じて来た理由がすっかり明確になって救われました。自分という存在が、何故生きていて、どうすれば良いかがよくわかったので、とても有り難く思いました。ドリーンさんには本当に感謝しています。

── 一冊の本によって今までの悩みが解消され、そして最終的にはいろいろな存在と繋がれるようになったわけですが、そうなってみて何か変わったことなどはありますか?

守護天使や大天使、アセンデッド・マスターたちと繋がれるようになって、心が穏やかになりました。それによって、家族や友達にも愛のあるアドバイスを伝えることができ、周囲に笑顔が増えてきました。また、エンジェル・ナンバーやオラクル・カード、チャネリングなどで、必要なときに、必要な情報を得られるので、悩んだり、心配したり、不安になったりすることも無くなりましたね。

── とてもすばらしいですね。多くの人がそんな風になりたいと思っていると思います。

どなたでも、守護天使さんたちや大天使、アセンデッド・マスターたちと繋がることで、より良く生きることができると思います。ご自身が自分らしく、笑顔で毎日を過ごすことができれば、ご自身の家族や友達、仕事仲間たちにも笑顔が広がって行きます。
まずは、ご自身が喜んで幸せに楽しく暮らす決心をされること、そして守護天使さんたちのサポートを受け取りながら、行動されていってくださいませ。愛しています。愛こそすべて!

── 素敵なメッセージをありがとうございます。現在はホワイトクロウさんはどんな活動をされているのでしょうか?

お客様のかたわらでサポートされている存在や、亡くなった親しい魂とのチャネリング、誘導瞑想、カード・リーディング、自動書記、お話会、ワークショップなどをやっています。

── いろいろなことをされているようですが、とくにこれが得意! というようなものはあるのでしょうか?

自動書記が得意で、メールにて相談などを受け付けています。また、ミディアムシップも得意ですね。自分自身、がりがりと(苦笑)仕事をしていたキャリアウーマンでしたので、仕事をする女性へのカウンセリングなども得意です。
他にもソウルメイト、リレーションシップ、人間関係など、その方のエネルギーを読むことで、その方が今、どんな状況や気持にあるかがわかるので、アドバイスやカウンセリングをさせて頂いています。

── 今の時代はキャリアウーマンにはいろいろと大変なことも多いでしょうし、そういった方が相談できるというのはとても心強いと思います。最後に、ドリーンさんの来日ワークショップに興味を持っている方に何かアドバイスをいただきたいと思います。

ドリーンさんは、とってもあったかーい優しいエネルギーの持ち主なので、楽しんで、くつろげるワークショップになると思います。ドリーンさん自身、アースエンジェルのフェアリーなので、楽しむことが大好きな方です。私の参加したセミナーでは、仮装して歌を歌ってくれたり、ご自身の書いた童話を朗読してくださったりしました。どうぞ、楽しんでくださいませ。