大切な言葉を胸に秘め、ハワイから天使のメッセージを伝える Tae さん [2010/04/19]
Tae さん
≪ Tae さん ≫

幼い頃におばあさんからスピリチュアルな思想を教わっていたという Tae さん。そんな彼女が西洋的な天使と出会い、そのメッセージを伝えるようになった理由を聞いてきました。

── Tae さんは幼い頃におばあさんからスピリチュアルな事柄を教わっていたそうですね?

私は、仏教信仰の強い祖母にスピリチュアルなことを教わりながら育ちました。
祖母は宗教的な教え方をするわけではありませんでしたが、周りの方と助け合っていきていくこと、分かち合いや思いやり、そして、すべての生命に対しての愛などについて、教えてくれました。
クリスマスを祝ったりもしましたので、他の宗教にも対してもハートはオープンだったように思います。
そんなベースがあったせいなのか、天使と出会うようになってから、祖母に教わっていたことがよりクリアになっていきました。

── なるほど、Tae さんのバックボーンはおばあさんの教えによって構築されたのですね。しかし、他の宗教に対してオープンだったとはいえ、天使の存在を感じたときはやはりびっくりしたのではありませんか?

そうですね、最初に大天使ミカエルの存在を感じた時は動揺しました。でも、日本人ならば多くの方が同じように思うのではないでしょうか? しかし、それを受け入れてクリアになっていくと、言葉には出来ない安心感が感じられて、守られていることが実感できます。ポイントは深く考えて答えを求めるのではなくて、受けとること、そして感じることだと思います。

── 考えるよりも自分の体験を信じるということですね。ところで、Tae さんが天使を感じるきっかけともなるドリーンさんとの出会いについて教えて下さい。

振り返ってみると、私の人生の中で一番悩んで トラウマなどで苦しんでいた時期でした。ちょうど、出会いに変化が起こり始め、すべてがヒーリングやスピリチュアルなものへと変わっていたときに、ふと手に取ったドリーンさんのオラクルカードがドリーンさんとの出会いですね。

── オラクルカードによってドリーンさんを知って、すぐに ATP® のコースを申し込んだのでしょうか?

そうですね、ドリーンさんの本などもまともに読まないまま、カードを手に取ってから数ヶ月以内だったと思います。ただただ導かれるままに ATP® コースに申し込んでいました。

── すごい行動力ですね。

申し込み後に、当時のドリーンさんの右腕だった方からいくつかの本をご紹介いただきドリーンさんの教えていることを理解して来てくださいねとアドバイスしてもらいましたので、参加前に本はちゃんと読んでおきました。そうして 2008年中に ATP®、アドバンスコースと受講して、最終的にはたったの 20人しか参加できないミディアムコースに参加することもできました。

── 1年間で多くのコースを受講されたようですが印象に残ったことなどはありますか?

ドリーンさんから学んだことはたくさんあります。ATP® のエンジェルキャンプでは 400人ほどの生徒の中をドリーンさんが周りながら「If you get nervous?(不安になったら?)」と聞き、生徒にマイクをむけて答えを求めるので、私たちは「Focus on service!(奉仕だということに集中する)」と答えるんです。
そのときに、ドリーンさんに肩をさわられ、マイクを向けられたので、この言葉を常に忘れない大切な言葉として心に刻むことができて、本当に感謝しています。本当に大事な言葉だから…。
常に EGO に負けず、私たちはディバインツールであることを忘れない、そう思ってセッションなどを行っています。

── とてもいい言葉ですし、素敵な体験ですね。

本当にそう思います。コースに出ることで、ドリーンさんの言葉、そして彼女の人生の変化、また彼女自身の歩んでいる道などを知ることができて、カリスマ性の強い彼女でも私たちと同じ人間であり、そしてともに学んでいる一人の女性であることを実感しました。
私はそんな彼女とともに学んでいけることに心から感謝しています。

── コースに実際に出ることで得られることはとても多いようですね。現在、Tae さんはどのような活動をされているのでしょうか?

現在はずっと持っていた夢をひとつづつ叶え、素敵なパートナーと結婚しハワイに移住しました。
ハワイでは観光用でない 本当のハワイの文化やヒーリングを教わる一方で、地元の病院で定期的にヒーリングのボランティアをさせていただいています。
このボランティアでの出会いは、日々私に大切なことを学ばせてくれますし、病院で起こった天使との遭遇のお話は 2010年発売予定のドリーンさんの本にも掲載されます。
それから、ハワイのワードセンター内 SEDONA にてフロアスタッフおよびゲストサイキックリーダーとしても活動しています。

── 病院での天使との遭遇体験は興味深いですね。セッションなどは行っていないのでしょうか?

日本のクライアントさんにたいして、電話やメールでのセッションを行っています。また、ご希望の方にはハワイでの対面セッションやエンジェルワークショップも行っています。
他に私のハワイアンヒーリングの先生のワークショップがあるときは、それのお手伝いもさせていただいています。

── いろいろとご活躍されているようですが、Tae さんのセッションの特色のようなものはありますか?

私の特色はその方にとって今一番必要な学びや知っておくべきことを伝えることだと思います。
時にはその方が知りたいことと少しずれたことをガイドとして受け取ることもあり、クライエントさんからすると、きっと遠回りに感じるだろうな、というリーディングになることもありますが、それが実はショートカットで、その後の人生がもっと進みやすくなるキーだったりするんです。

── 急がばまわれという言葉もありますし、本当に必要なものというのは、自分ではわかっていないようなものなのかもしれませんね。

私は占いはしません。ある程度の見えている未来は伝えますが、その方の選ぶ道で未来は変わってきますから、その方の道を伝えるのではなくて、その方に選び方をお伝えするようにしています。
実際、天使もすべてを伝えることはありません。それは学びにならないから…。

── 本当にそうですね。たとえ 100%の未来がわかったとしても、それを知るだけでは幸せはやってこないと思います。

そうですね。その方が納得して進まないと、結果は良い方に進みませんから、自分が納得して進める道へとクライエントさんを導けたらと思います。
大事なポイントとしては、お互いにハートが開けていれば変化は起こりやすくなると思います。また、一方方向ではなく、私たちはあくまでもお手伝い。メインはクライエントさん自身であることを忘れないようにしています。

── ありがとうございます。最後に、ドリーンさんの来日ワークショップに興味をもっている方へ何か一言いただけますか?

ドリーンさんのワークショップは、その日その時で大きく変わります。
それはドリーンさんが天使たちと常につながりながら、そのワークショップに一番有効なことを伝えようとするから。だから、何を学びに行くとか、テーマを決めすぎずにハートを開いて受け取って行こうという気持ちで参加されるといいと思います。
それから、通訳の方が入るとのことですが、できればドリーンさんの英語に慣れておくとドリーンさん自身の波動で受けていけるのでより楽しめると思います。
瞑想CDなどを英語で使ってみるなどして、準備しておくといいですよ。
そして、ドリーンさんから受け取るというよりも、その場にいる天使から受け取る気持ちで。
ドリーンさんには、受け取るとか(吸いとる)のではなくて愛を送る気持ちでいられたら、ドリーンさんも少しでも楽にワークを進められるかもしれませんね。
きっと慣れてらっしゃるでしょうが、ドリーンさんも一人の人間ですので、多くの人から集中して受け取られたらきっと大変でしょうから 受け取るのはその場にいる何千もの天使たちからにして、ドリーンさん自身には、感謝の気持ちで愛を送ってあげられたらいいのではないでしょうか。

 

取材協力:Lemurian Angel

この記事を、ともだちに教える!
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-