「フジの尾びれと薬師寺さんの尾びれ」

2008年夏、まったく身に覚えのない中、どこからか侵入した菌が原因で、最悪の場合、手術で右足を切断することも考えて下さいと言われるような手術をしました。

── フジは、尾びれが急速に壊死するという非常に稀な病気にかかり、尾びれの75%を失いましたが、薬師寺さんもまた、2008年、突然に足に菌が入り、手術をされたと伺いました。どのような体験だったのでしょうか?

まったく思い当たるふしがない中、突然右足の激痛に襲われました。病院にも行きましたし、鍼灸治療もしたのですが、痛みは増すばかりで、友人に勧められ、もう一度大きな病院で検査をしたところ、緊急入院・緊急手術となったのです。手術直前だけでなく、入院中もずっと「右足の切断があり得るから」と先生から言われつつ、一ヶ月弱の入院生活をしました。まったく動くことができない生活にフジもこんな気持ちだったのかと考えさせられました。幸い足を失うことなく退院できました。続きを読む